WordPressで画面のリフレッシュなしで文章を開いたり閉じたりできるプラグイン「Read More Without Refresh」 | Knowledge Base

WordPressで画面のリフレッシュなしで文章を開いたり閉じたりできるプラグイン「Read More Without Refresh」

長い文章などのコンテンツを分割する手段としては

  1. 「more」タグをつけて「続きを読む」がクリックされたときに残りのコンテンツを表示する
  2. 「nextpage」タグをつけてページそのものを分割する
  3. 単純にコンテンツを2つに分けて「その①」「その②」などのタイトルにして2つの記事にする

関係ない話ですが、1と2は同一のコンテンツ、3は別々のコンテンツと検索エンジンなどには認識されるのでテキスト量や内容という部分では1や2の方が3よりも有利と言われていますが、3の場合はアクセスされる確率と可能性が単純に2倍になるので、うまくコンテンツが作れればSEO的には3が一番強いと思われます。ただ、これは分析する検索エンジンのアルゴリズムによるところが大きいのでどちらがいいかというのは難しいところですね。私的にはランチェスターの法則を利用して、コンテンツ数が多いサイトでは1や2を、じっくり書いたコンテンツがあるが数は少ないサイトは3にした方がいいのでは?と思いますがどうでしょうね。

と余談はこの辺にして、通常Wordpressの本文で1~3の方法を使うと、クリックしたときに画面がリフレッシュ(再読み込み)されますよね?これをしている間は訪問者にとって待ち時間になるし、ひょっとすると「別のページにリダイレクトされたのでは?」と勘ぐったりしてしまうこともあると思います。「Read More Without Refresh」を使うと、「more」タグと同じ動作をするのに画面はリフレッシュしないというコンテンツを作ることができます。

【Read More Without Refresh】プラグインの基本的な機能・できること

  1. moreタグの代わりに画面がリフレッシュされない形で続きを表示する
  2. 「開く」だけでなく「閉じる」ことができる
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Read More Without Refresh】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Read More Without Refresh】プラグインは設定項目がないので特に必要ないと思います

【Read More Without Refresh】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Read More Without Refresh】プラグインの基本的な使い方

通常の編集画面にある「more」タグボタンの代わりに以下のショートコードを使うだけです。デモページを見る

[read more=”続きを読む” less=”閉じる”] この間に開閉する部分の文章を挿入する
[/read]

※「続きを読む」「閉じる」の文字列は自由に設定できます
※「この間に開閉する部分の文章を挿入する」の部分に開閉するコンテンツを挿入します。文章・画像・ショートコード・phpコードなど何でも使えます

さらに一工夫

こういうショートコードは覚えるのが大変ですから、「AddQuickTag」プラグインを使ってボタン化してしまいましょう

このプラグインは「開く」と「閉じる」が使えますから、通常のmoreタグのように開きっぱなしにはなりません。この機能を利用して、文章の途中に挿入することで、いわゆる袋とじのようなコンテンツが作成できます。

面白いプラグインなので以下の場合はどうなるの?ということでテストしました

  1. ページの途中に2つ以上使ったらどうなるか?
  2. 閉じているコンテンツの中に入れ子としてもう1つ閉じているコンテンツを作ったらどうなるか?

テスト結果は・・・
1はOKでした。ということは、開いたり閉じたりする部分を複数設けてみたい部分だけを開いてもらうというコンテンツが作成できるようになります。

2はさすがにNG。先頭のショートコードと末尾のショートコードのみが動作し、途中は「続きを読む」というリンクはあるもののすべて表示されたままになっているという状況でした。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書(2) スマートフォン対応サイト編 /プライム・ストラテジー【著】 【中..

【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書(2) スマートフォン対応サイト編 /プライム・ストラテジー【著】 【中..

498 円 (税込)
プライム・ストラテジー【著】販売会社/発売会社:ソフトバンククリエイティブ発売年月日:2013/08/29JAN:9784797370966
世界一わかりやすい WordPress 導入とサイト制作の教科書【電子書籍】[ 安藤篤史 ]

世界一わかりやすい WordPress 導入とサイト制作の教科書【電子書籍】[ 安藤篤史 ]

2,570 円 (税込) 送料込
【ご注意:本書は固定レイアウト型の電子書籍です。ビューア機能が制限されたり、環境により表示が異なる場合があります。】WordPressは世界の主要なウェブサイトの28%(CMSサイトの59%)で利用されているCMSのデファクトスタンダード(2017年4月現在W3Techs調べ)。これか..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー
トップへ戻る