ココナラ プラグイン探し

WordPressで通常のコメント欄にいろいろな追加項目が設定できるプラグイン「WP Comments Fields Manager」

閲覧いただきありがとうございます。当サイトのURLは変更となりました。

旧アドレス(http://happy2010.wpblog.jpで始まるアドレス)でブログなどからのリンク、お気に入り登録、RSS登録などを頂いている方は、恐れ入りますが登録の確認と変更をお願いいたします

Wordpressで作るサイトで人気のコンテンツといえば、掲示板の機能やカスタマーレビューの機能など、いわゆる「ほかの人からコメントをもらったり評価をもらったりする機能。

掲示板機能プラグインの代表格といえば「bbpress」が有名ですね

今回は「bbpress」を使うために最低限行うことを紹介します。と言っても私も手探りでやっていきますので今からbbpressを使ってみようという方の参考になればと思います。ただ、お使いのサーバーやWordpressのバージョン、テーマ、使っている他のプラグインなどとの兼ね合いによって不具合が発生したりすることがありますので、あくまでも使用は自己責任で進めてください。

そして、ユーザーレビュー機能のプラグインとして有名なものに「wp customer reviews」があります

口コミ機能自体はレーティング(評価)プラグインとコメント欄を使って作ることもできるのですが、これをすると肝心のコメント機能が使えなくなってしまうので、単体で動く「口コミ」を実装するにはこのプラグインを使うのが一番だと思います。他にもいろいろ探してみましたが、この「WP Customer Reviews」が一番使いやすいと思います。

これらを使って専門的な機能を追加するのも手ですが、設定が大変だったり、使っているテーマの中でデザインを統一させるためにCSSの勉強が必要だったりするので、作りかけたけど断念した方やサイトと不釣り合いでも「仕方ない」とあきらめてしまう方も多いと思います。

そこで、何とか今の環境のまま、こういうコミュニケーション系の機能を作れないか・・・と探して見つかったのが、今回紹介する【WP Comments Fields Manager】プラグインです。

この【WP Comments Fields Manager】はWordpress標準のコメント欄に独自の項目が追加できるプラグインです。

イメージがつかめないかも知れないので下のデモサイトで実際に表示させています。

よかったら見てみてくださいね。

スポンサーリンク

【WP Comments Fields Manager】プラグインの基本的な機能・できること

  1. コメント欄にドロップダウン式の選択項目が追加できる
  2. コメント欄にトグルボタン式の選択項目が追加できる
  3. コメント欄にチェックボックス式の複数選択項目が追加できる
  4. コメント欄に複数行テキスト式の項目が追加できる

このプラグインを使えば自由に項目が追加できますから、本来の「コメントする」「返信する」という機能をそのまま使って簡易的な掲示板やアンケートが作成できるほか、★評価のプラグインなどを足してユーザーレビュー(いわゆる口コミ)などのコンテンツも作ることができます。

難点は通常のコメント欄へ追加する項目なのでサイト内で統一したフォームしか作成できないことですが、何かのジャンルに特化したサイトならそれでも十分に使い道があると思いますよ。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【WP Comments Fields Manager】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【WP Comments Fields Manager】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

Wordpressプラグイン【WP Comments Fields(Manager)】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

ただし、プラグインのソースの中に日本語ファイルを読み込む機能がありませんので以下の手順でソースを編集する必要があります

  1. ダッシュボードから「プラグイン」→「プラグイン編集」を開く
  2. 右上の窓から「WordPress Comments Fields」を選択する
  3. 「wp-comment-fields/index.php」のソースの一番下へ次のコードを挿入する
  4. function NM_PLUGIN_WPComments_load_plugin_textdomain() {
        load_plugin_textdomain( 'nm-wpcomments', FALSE, basename( dirname( __FILE__ ) ) . '/languages/' );
    }
    add_action( 'plugins_loaded', 'NM_PLUGIN_WPComments_load_plugin_textdomain' );

※プラグインのアップデート時には再度コードを追加する必要があります。また、更新ファイルの中に上記のような「textdomain」というワードが入ったコードがある場合には翻訳読み込みコードが追加されたことになり、上のコードを挿入すると二重になってエラーが発生しますのでよく確認してから入れるようにしてください。

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【WP Comments Fields Manager】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【WP Comments Fields Manager】プラグインの基本的な使い方

設定(コメント項目の追加)はダッシュボードの「Comments Fields」から行います

項目は

  1. 追加したコメント項目の一番上に表示するタイトル
  2. 投稿タイプ
  3. ドロップダウン式の選択項目
  4. トグルボタン式の選択項目
  5. チェックボックス式の複数選択項目
  6. 複数行テキスト式の項目

3~7は自由に追加することができ、順番も変更できます。それぞれのコンテンツへ設定する内容については日本語化すれば理解できます。

また、追加したフィールドをコメント欄に追加するカスタム投稿タイプも指定できるので、

  1. 通常の投稿は普通のコメント欄
  2. カスタマーレビューとして使いたい場合はこのプラグインで追加した項目を表示

といった使い分けができます。

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る