WordPressで古い投稿をTwitterへ自動ツイートできるプラグイン「Buffer Connector(旧Buffer My Post)」



Wordpressで一生懸命書いた投稿記事、公開したときにはある程度見てくれるひとがいても、古い投稿は

  1. 人気のコンテンツになって直接アクセスされる
  2. 検索上位からの流入でアクセスされる
  3. サイト内外のリンクや関連情報経由で見てもらえる

以外、わざわざ遡って見てもらえる機会は少ないと思います。

しかし、一生懸命書いたコンテンツですから、古い投稿の中には今でも使える不変的な情報がたくさんあります。せっかくのコンテンツをこのまま埋もれさせるのはもったいない、何とか掘り起こす方法はないのか?ということで見つけたのが、今回紹介する「Buffer Connector」というプラグインです。

WordPressでTwitterに同時投稿するプラグインはたくさんあり、有名なところでは「Wp-to-twitter」などがあります。このプラグインの設定を編集に対してツイートするように設定しておけば、手動で古いコンテンツを開いて「更新」すればツイッター上に古いコンテンツを再投稿することは可能ですが、これはあくまでも「手動」で行う場合の話。

使うのはWP to Twitterというプラグイン。TwitterとWordpressを連携させるプラグインはたくさんあるようですが、「wordpress Twitter 連携」というキーワードで検索したら最初に出てきたプラグイン紹介だったのでこれにしました。

今回紹介する「Buffer Connector」プラグインは一定時間ごとに過去の投稿をランダムにツイートしてくれるというのが同時投稿プラグインとの最大の違いで、わざわざ自分でコンテンツを選定して、編集して、投稿して・・・としなくても勝手にツイートしてくれるのが最大の利点です。

ブログ同士のリンクやランキング機能が充実している無料ブログなどと比べて、ドメインの歴史が浅いうちは直接アクセスやサイト内検索、更新による閲覧が狙いにくいことから初期のアクセスが集めにくいWordpressにとって、Twitterでのツイートやブログ村などのブログランキングへ登録することによる対策は最低限やりたいアクセスアップ手法ですので、これを最大限に活用できるのが「Buffer Connector」のよいところです。

これで、投稿や固定ページなどの情報の充実に専念でき、より良いサイト作りができるようになります。



【Buffer Connector】プラグインの基本的な機能・できること

まずは「Buffer Connector」がどんなプラグインなのか説明する必要がありますね。

古いコンテンツがツイートされるまでの動作イメージとしては

  1. WordPressの中でツイートする情報を選別する
  2. Bufferというツイートボットへ定期的に情報を渡す
  3. Buffer側で定期的にTwitterへツイートする

という流れになります。

Buffer Connectorで行う動作は上記の①と②になりますので、完全に使用するには③の設定も必要になります。bufferは無料で使える海外のツイートボットなので登録と時間の設定をすれば通常のツイートボットとしても、Buffer Connector経由での自動ツイートボットとしても利用できます。

他にも過去の投稿を自動ツイートするプラグインはいくつかあるのですが、Twitterアプリ連携の仕様が変わったり、サーバーの設定や動作の問題があったりしてうまく動作しないことが多かったので、もちはもち屋に任せるこのツールが一番安定していると思います。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Buffer Connector】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Buffer Connector】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Buffer Connector】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Buffer Connector】プラグインの基本的な使い方

※「Buffer My Post」(旧プラグイン)時代に作成した内容のため一部異なる部分がありますがご容赦ください
Your Buffer App Access Token:
後で説明するBuffer登録後に取得できるアクセストークンを入力します。ここを入力することでBufferとの連携が完了します。

Post Format
(Format of the Post to Buffer):

ツイートする内容を設定します
{sitename}: サイトタイトル
{title}: 記事タイトル
{excerpt}: 記事の要約
{category}: 最上位のカテゴリー
{date}: 投稿日
{url}: リンクURL
{author}: 投稿者

Minimum interval between posts:
何時間置きにツイート記事をBufferへ渡すかを設定します。「0」入力で4時間毎になります。

Minimum age of post to be eligible for post:
○日より過去の投稿をツイートします

Maximum age of post to be eligible for post:
×日までの過去記事をツイートします。

※上記2項目の設定で×日から○日までに投稿した記事の中からランダムに選定するという設定になりますので、○よりも×の方が大きい数字になります。

Number Of Posts To Post:
Number of posts to share each time.:

一度にBufferへ渡す記事の数を入力します

Post Type:
記事のみ、記事と固定ページ、固定ページのみの設定をします

Accounts:
What accounts do you want to post?:

ツイートするTwitterアカウント名を入力するとアバターが表示されますので、チェックを入れます

Enable Log: saves log in log folder
ログをファイルに書き出すかを選択します。通常は空欄です

Categories to Omit from posts:
自動ツイートしないカテゴリーを選択します

Bufferの登録と設定

こちらのサイトへ行き登録します。

登録はTwitterアカウントを使うとすぐに連携の許可画面が出てきますので「許可」をクリックすることで、Bufferへの登録とツイッターとの連携両方が同時に完了できるのでおすすめです。

こちらの開発者用ページへいき、プラグインと連携するためのアクセストークンを取得します。取得したら、プラグインの設定画面にコピペして更新しておきましょう。

Buffer側の設定内容はツイッター連携が完了していればツイート間隔の設定のみです。

Bufferの画面で「schedule」というタブをクリックし、時間の設定を行います。

※contentタブを開いた画面に投稿予約された記事の一覧が表示されます。もちろんここから直接ツイートを書き込んで予約することもできます(通常のツイートボットとしても使えます)

※Bufferにメールアドレスを設定して、ツイートが完了したらメールをもらうようにしておけば、いつツイートが行われたかがわかります。

※Analyticsタブを開くと、ツイートが完了した記事の一覧とどのくらいのアクセス、クリックがあったかを確認できます。

【Buffer Connector】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

上記のプラグイン・Bufferの設定を行えば過去記事の自動ツイート環境は完成しますが、使った上での注意点を2つほど・・

  1. Bufferに登録してから実際に自動ツイートが開始されるまで丸一日かかりました。動き出すまでにちょっと時間がかかるようです。これもメール通知をしておけば「動き出しましたよ」とメールがきます。
  2. プラグインのツイート間隔はBufferのツイート間隔よりも長くしましょう。
  3. 例 プラグインの設定/4時間置き
      Bufferのツイート時間/2時間置き   など

    プラグインのツイート間隔のほうが短いとどんどんBuffer側にプラグインから渡された記事がたまっていってしまいます。

    Bufferの動きとしては「設定された時間」に「ツイートするものがあれば」ツイートする(Botとして通常の動き)なので、常に渡された投稿がない状態になるようにします。

プラグインとは関係なくBufferについてですが、ブラウザ用のツールが出ています。Bufferのサイトにリンクボタンがあり、すぐに導入できますが、何ができるようになるかというと、

ツイッターの画面でつぶやきを書いた後、「Buffer」というボタンが登場して、Buffer経由でボットツイートするか、通常通り今ツイートするかが選択できるようになります。これはちょっと便利かも知れません。

そのほかのお勧めプラグイン

Revive Old Post (旧Tweet Old Post)

Bufferのような外部ツールを使わずに過去のコンテンツをツイートできるプラグインです。固定ページと通常の投稿に対応。カスタム投稿タイプを使っているなら下の「tweet old custom post」がおすすめです。

tweet old custom post

カスタム投稿タイプを含め、すべての投稿タイプの過去記事を自動でツイートしてくれるプラグインです。Revive Old Post (Former Tweet Old Post)と比べると、記事やタイトルの切り出し方にちょっと疑問が残る感じですが、調整すれば十分に使えます。

「Tweet Old Custom Post」は「Revive Old Post (Former Tweet Old Post)」ではできないカスタム投稿タイプの記事も含めて過去記事をツイートしてくれるプラグインです。過去のコンテンツをツイートすることで新たなユーザーが獲得できるきっかけが作れるようになります。

最後に

ツイッターに限らずSNSというのは「自由にいつでも気軽に投稿できる」のがウリではあるのですが、あまりにもたくさんツイートされたり、自分と関係のないもののツイートが多かったりするとフォロワーさんが離れてしまったり、ミュートされてフォロワー数の割に見てもらえなかったりといったことが発生する可能性がありますので、こうしたプラグインはよく考えて使うことをおすすめします。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る