WordPressでこれだけはやっておいた方がいいという設定が1つでできるプラグイン「WP Missing Functions」

公開日:2016年8月15日 バックエンド(管理)
Knowledge Base メンテナンス
Wordpressでサイトを作っていると「あれもやったほうが、これもやったほうが・・・」ということになってどんどんプラグインが増えるという傾向になりますね。

プラグインというのは便利な反面数が多いほど1ページに表示するためのプログラムが多くなり表示速度に影響を与えたり、プラグイン同士のコンフリクト(競合)によって不具合が生じたりすることがあります。

「WP Missing Functions」はWordpressの基本情報であるfunctions.phpへ追記すべきいろいろな設定情報を管理画面でできるようにしたプラグインです。これを使うことで外せるプラグインが増えるかもしれません。

【WP Missing Functions】プラグインの基本的な機能・できること

たくさん設定できる項目がありますので代表的なものだけを紹介します

  1. 抜粋の長さを変更する
  2. 設定した文字数以上の長さのURLが挿入されているすべてのコメントをスパム扱いする
  3. 管理画面のフッターの文章を変更
  4. メディアライブラリのファイルや画像の表示をユーザー自身のものだけに限定する
  5. 精度の高いコメント数を表示する
  6. WordPressのすべての設定を表示るすメニューを「設定」の中に表示する
  7. ユーザーがプロフィール設定画面でメールアドレスの変更をできないようにする
  8. 非公開にしている投稿や固定ページのタイトル先頭に表示される「非公開:」という単語を削除する
  9. 本体/プラグイン/テーマの追加・作成・更新を停止する
  10. 更新通知をしないようにする
  11. wp-config.phpで投稿リビジョン(更新履歴)に関する設定がない場合に、リビジョン数をコントロールします
  12. ゴミ箱にある設定した日数以前のコンテンツを自動削除する
  13. RSSフィードへ新しいコンテンツが追加されるまでの時間を設定します
  14. ログイン後、ホームページ(トップページ)へ移動する
  15. 管理者権限のユーザー以外が管理画面を表示できないようにする
  16. 管理者でないユーザーには表示画面で管理バーを表示しないようにする
  17. ログインでメールアドレスとユーザー名の両方を使用する
  18. ログイン画面のエラーメッセージを「ログインできません」に変更する
  19. reCaptcha認証を有効にする
  20. フッターにGoogle Analyticsを追加
  21. wp_headから不要なリンクを削除する
  22. RSSフィードを停止する
  23. 自己ping(投稿の本文などに内部リンクを設置した際、自分のサイト向けにピンバック送信を行うこと)を防ぐ
  24. リサイズした画像を鮮明化する
  25. RSS Feedsにアイキャッチ画像を追加
  26. カスタムパンくずリストを有効にする

赤字の機能は他のプラグインで実装されていることが多いのではないかと思います。日本語化すれば簡単に間違いなく設定ができますので下のダウンロードリンクから入手して導入してください

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

WordPressで記事更新時に「更新日」の書き換えが必要かを自動で判断して処理するプラグイン「Minor Edits」

WordPressでメディアライブラリのファイルを任意のフォルダで管理するためのプラグイン「Media Library Folders for WordPress(旧Media Library Plus)」

WordPressでユーザー権限に応じてフロントエンドの管理バーを非表示にするプラグイン「Hide admin bar for different roles」


【WP Missing Functions】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【WP Missing Functions】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【WP Missing Functions】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【WP Missing Functions】プラグインの基本的な使い方

前述した機能の設定が行えます。設定はダッシュボードに追加された「WP Missing Functions」で各設定を行います

【WP Missing Functions】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

プラグイン同士のコンフリクト(競合)による不具合を防ぐため、同じような機能のプラグインは一旦全て停止してから設定するようにすると、このプラグインの設定が先になり、万が一他のプラグインを有効化したときに不具合があっても対処が楽になります。不具合が発生したら

を参考に復旧を行ってください。

このプラグインのようにfunctions.phpへコードや設定を追加するタイプのものは不具合が起こると復旧が難しくなる場合がありますから使用に関しては自己責任でお願いします。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ) / 石川..

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ) / 石川..

1,738 円 (税込)
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社インプレス発売日2019年07月ISBN9784295006664発売国日本サイズ・ページ280p 21×19cm関連キーワード 9784295006664 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
WordPressセキュリティ大全 [ 吉田哲也 ]

WordPressセキュリティ大全 [ 吉田哲也 ]

2,420 円 (税込) 送料込
吉田哲也 秀和システムワードプレスセキュリティタイゼン ヨシダテツヤ 発行年月:2019年10月18日 予約締切日:2019年06月19日 ページ数:224p サイズ:単行本 ISBN:9784798058900 吉田哲也(ヨシダテツヤ) 有限会社TY Planning代表取締役。webコンサルタント・上級ウェ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報