WordPressの投稿一覧や閲覧ページへアクセス数(ページビュー数)を表示するプラグイン「WP-PostViews」

ホームページなどインターネットで何かを配信したりしているとどうしても気になるのが「どの位閲覧されているのか」ということですね。ブログやホームページを作る、SNSで何かを発信するということは「見てもらいたい」と思う行動なのですから当然のことです。

「WP-PostViews」は管理側の一覧、閲覧側のページそれぞれにアクセス数(ページビュー数)を表示するためのプラグインです。管理側(バックエンド)では投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプなど全ての投稿タイプの一覧へビュー数を表示することができ、閲覧側はテーマ内に呼び出すコードを挿入することでビュー数を表示できるプラグインです

スポンサーリンク

【WP-PostViews】プラグインの基本的な機能・できること

  1. すべての投稿タイプの一覧にビュー数を表示
  2. 表示されるページにビュー数を表示(テーマ編集が必要)
  3. ウィジェットで人気記事の一覧を表示

アクセス数の表示で困るのが、管理者である自分のアクセスがカウントされてしまったり、検索エンジンクローラーの巡回数も含まれてしまったりすることですが、設定で除外することができるので、ある程度正確なデータを表示することができます。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【WP-PostViews】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【WP-PostViews】プラグインは有効化すると日本語で使用できるようになっていますので、英語が分からない方でも安心して使えます

【WP-PostViews】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

ダッシュボードの「設定」→「PostViews」から設定します。

  1. カウントする閲覧元:「すべて」「ゲスト」「登録ユーザーのみ」から選択できます
  2. ボットからのビューを除外:検索エンジンクローラーからのアクセス数をカウントしないようにします
  3. ビュー数の表示形式:デフォルトで「%VIEW_COUNT%」という変数が表示されていますので、前後に語句などを追加したいば場合にはここへ記述します
  4. ※%VIEW_COUNT_ROUNDED%はアクセス数の多いサイトで12000ページビューなどと実数で表示せずに1.2Mなどと表示したい場合に使用します

  5. 最も人気の記事テンプレート:人気ランキング表示する場合のテンプレートを設定します
  6. 表示設定:フロントエンドのどのシーンで表示するかを設定します
  7. ※表示したい部分へテーマのテンプレート編集で「the_views()」を挿入する必要があります。

こちらは公式サイト上のスクリーンショットです

【WP-PostViews】プラグインの基本的な使い方

設定を行えばバックエンドの一覧にビュー数表示の項目が追加されます

フロントエンドで表示する場合の例として「投稿」に表示したい場合には

  1. 「外観」→「テーマの編集」でsingle.phpを選択する(使っているテーマによっては別名の場合があります)
  2. ビュー数を挿入したい場所に「the_views()」を挿入します

※the_views()は数を挿入するためのものですから、「アクセス数:the_views()ビュー」などのように文言を追加したり、オリジナルの画像を追加したりしましょう。

【WP-PostViews】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

特定期間のビュー数を表示するには

残念ながらこのプラグインでは累計のビュー数のみ表示するようになっていて、1か月・1週間などのデータを表示することができません。こうしたデータを表示したい場合には同じビュー数を記録・表示するための有名なプラグインである

「WordPress Popular Posts」はアクセスのあった記事や固定ページの中から「日」「週」「月」「累計」などさまざまな期間で人気のある記事のランキング表示ができるWordpressプラグインです。

を使い、追加で以下の設定を行うことで実現できます

バックエンドの投稿一覧・1つ1つの閲覧ページへビュー数を表示する

↓のリンク先ページで詳しく解説しています

せっかく「Wordpress Popular Posts」プラグインを使って人気記事を表示しているのですから、このデータを個別の投稿記事や固定ページで使わない手はない!ということで、今表示している投稿記事や固定ページに表示数(view数)を表示する方法を紹介します。

※ここで紹介しているコードを使うと投稿とカスタム投稿タイプへビュー数の表示が可能ですが、固定ページは対象外になります

※フロントエンドの任意の場所へビュー数を表示する方法も紹介しています

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【送料無料】 WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書 Webデザイナー養成講座 / 中島真洋 【本】

【送料無料】 WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書 Webデザイナー養成講座 / 中島真洋 【本】

3,002 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社技術評論社発売日2015年06月ISBN9784774173801発売国日本サイズ・ページ366p 26cm(B5)関連キーワード 9784774173801 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版 /プライム・ストラテジー株式会社(著者) 【中古..

【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版 /プライム・ストラテジー株式会社(著者) 【中古..

1,649 円 (税込)
プライム・ストラテジー株式会社(著者)販売会社/発売会社:SBクリエイティブ/ 発売年月日:2015/02/01JAN:9784797381078
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございました。 内容の相違、導入後のトラブル、設定方法のお問い合わせなどはこちらのリンクからお願いします。
さまざまな情報をいただくことで、プラグインの紹介記事をより正確でよりわかりやすく、よりいろいろな方のお役に立てる情報にしていきたいと考えておりますので、ぜひともご協力をお願いいたします。

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る