WordPressの翻訳プラグイン「Loco Translate」をバージョン2.×から1.×へ戻す方法

閲覧に際してのお断り
このページはサイトの中で私の思いを忌憚なく語っています。中には過剰な表現やあまり好ましくない言葉遣いなど、不快に思うような表現もありますがご容赦ください

WordPressのプラグインやテーマを管理画面から翻訳できる「Loco Translate」プラグイン。当サイトで翻訳ファイルを作る際にも重宝しているプラグインなのですが、バージョンが1.5.6から2.×になり、大幅に環境が変更されました。

英語で表示されているものをざっと見ると、プラグインの一覧に翻訳というリンクが出来たり、翻訳ファイルの名称設定やコアファイルの翻訳などに関してより細かく設定ができるようになったようなのですが、こんな機能いらない!!というのが個人的感想。

そして日本語への対応はまだのようで、しばらくお待ちください状態。これでは使いにくい、ということで私自身は一旦1.5.6へ戻しました。

その時の方法を備忘録として書いておきます。

スポンサーリンク

古いバージョンの「Loco Translate」を入手する

今回はWptouchプラグインで行いましたが、他のプラグインも最初は無料であっても有料化したり追加機能を購入したりする傾向に必ず進みますので上記の方法で過去のバージョンを手に入れて運用するのがいいと思います

で方法については書いているのですが、このプラグイン用にあえて書いておきますね。

このプラグインはバージョン2.×になった段階で旧バージョンについての変更履歴が削除されているようで、以前のバージョンが不明になっています(これってあり?という感覚です)

・・・ダメかと思いましたが、バージョン2.×には元のバージョンに戻すボタンが!!何だ、苦労して戻す必要ないじゃんと思って戻しましたが翻訳が壊れている(適用されない)状態でした。ファイル名を変更したりして試しましたが全くだめ、で途方に暮れていましたが、
そうだ!!元に戻すファイルの名前に1.5.6というバージョン番号が載ってた
のを思い出しました。

ということで気を取り直してさっそくダウングレード開始

前述した方法でダウンロードアドレスをゲット
https://downloads.wordpress.org/plugin/loco-translate.2.0.5.zip
このままだと2.0.5がダウンロードされてしまうので、
「2.0.5」を「1.5.6」へ変更!!すると・・・ちゃんと旧バージョンのファイルが落とせました

と書きながら再配布ってことになるからどうかな?とは思いましたが、実際に落としたファイルをアップしておきます。よかったら使ってくださいね

ダウンロードの手順
 ※ダウンロードを行うにはログインが必要です。こちらのユーザー登録の方法を確認の上ご登録いただき、ログインしてください(登録は無料です) 

すでに登録がお済みの方はログインをお願いします

※パスワードをお忘れの場合は「パスワードをお忘れですか?」をクリックして再発行を行ってください(同一メールアドレスでの追加ユーザー登録はできません)

下の「クリックしてダウンロードを開始する」をクリックすると保存先を指定するダイアログボックスが表示されますので適当な場所を指定してダウンロードしてください

※一度登録いただければ、当サイトで配布しているファイルのダウンロード、会員専用のコンテンツ閲覧などをいつでもご利用いただけます

※入力いただいたメールアドレスとユーザー名を元に当サイトの発行するメールマガジンへの登録をさせていただきます。定期的に配信されるメールの末尾にある「解除」リンクをクリックすればいつでも購読解除ができます。

※ユーザー登録には時間や期間を限定したメールアドレス(使い捨てメールアドレス)は使用いただけません

「Loco Translate」プラグイン1.5.6の本体ファイル

「Loco Translate」のダウングレード

一旦現状の「Loco Translate」を停止して削除します
プラグインの新規追加でアップロードを選択し、先ほど入手したものをアップロードインストールして完了
・・・きちんとバージョン1.5.6、日本語バージョンに戻りました。

「Loco Translate」って何?という方のために使い方は

Wordpressでプラグインやテーマの翻訳をする手順と言えば、.potファイルなり.poファイルなりをプラグインフォルダから取り出して、POEDITなどの翻訳ソフトで翻訳をしたのちにFTPでアップロードしてというのが通常でしたが、この煩わしい手順をWordpressの管理画面でできるようにしたのが「Loco Translate」です。

で紹介しています。

今回の教訓

普段はきちんと変更履歴を見て、テストサイトでアップデートしてみて・・・と慎重にアップデートをしているのですが、今回はノーチェックでやった結果こうなりました。特にメジャーナンバーが変わる(今回は1.×→2.×)ときは本体も含めてきちんと試用しないと大変な事になる可能性があるということを改めて知りました。

みなさんも気を付けてくださいね。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
スポンサーリンク

メニューを表示できません

ページ先頭へ