WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです
[Car maintenance] How to use the glass water repellent of the car not fail anymore (prevent glaring / uneven)

【カーメンテナンス】もう失敗しない、車のガラス撥水剤の使い方(ギラギラ/ムラを防ぐ)

公開日:2015年4月3日 日記・雑記

雨の日に役立つ「ガラス撥水剤」。有名どころでは「ガラコ」とか「レインX」などが知られています。製品によって成分や特性に違いがありますが、どれもガラスについた雨を大きな水玉にして風圧で吹き飛ばすという機能に違いありません。

雨だから車に乗るのに、慣れてない運転のうえに良く見えない・・・ガラスの撥水をすると、これらが解消され、フロントガラスがワイパーレスになるのはもちろんですが、サイドミラーの見易さや後ろの見易さといったら、一度使ったら虜になりますね。ボディの洗車をする時間がなくても、安全に運転するためにガラスだけはきれいに、そして雨の日でも見やすい状態にしておきたいものです。

ガラスの撥水処理での失敗例

雨の日には絶大な効果を発揮するガラス撥水剤ですが、使い方を間違えると

  1. ガラスがギラギラと乱反射して日中見にくくなった
  2. 白くガラスがにごった感じがする
  3. 肝心の雨の日に撥水できている場所とできていない場所が出来て余計に見にくくなった

という状態になることがあります。雨の日の運転を快適にするガラス撥水剤が悪影響になってしまいますね。

これらの失敗は正しく処理をすることで簡単に解消できますし、失敗した後きちんとやり直せばきれいになりますので、ガラス撥水剤をきちんと使って快適なカーライフを楽しみましょう。

失敗しないガラス撥水剤の処理方法

きれいにしたガラスに使う

当たり前のことですが、ガラスをまずきれいにすることが大事です。特に濡れた状態でガラス撥水剤を塗るとヌリムラや効果が出ないなどの原因になりますから、掃除をしたらしっかり乾かすようにしましょう。

ガラスに残った古い撥水剤や油膜は取るべき?」と油膜取りやガラスコーティングをはがすためのアイテムを使う方もいますが、経験上はガラス表面の埃や目立つ汚れさえ取れていればガラス撥水剤は十分に効果を発揮します。

ガラスが冷えている状態で使う

特に夏場などでガラスが熱くなっていると、撥水剤が塗った直後に乾いてしまい、定着が悪くなるばかりか塗りムラになってしまうことがあります。

汗をかきながら一生懸命塗るよりも、涼しくなった夕方や早朝、日陰に移動させてガラスがある程度冷めるのを待ってから行うなど、少しの工夫でよりきれいに施工できます。

まんべんなく、何回も塗る

失敗で一番多いのがこの作業です。

もともと何もないところに別の物質を塗るわけですから、撥水剤を塗るときは小刻みに、丁寧に塗るようにしましょう。

塗り跡に隙間があると、ギラギラや水玉のムラとなって見にくくなりますから、根気よく、まんべんなく塗り込むようにしましょう

まずは縦に塗りながら車をぐるりと一周したら、もう一度横に塗りながら一周するとヌリムラを最小限にすることができます。

塗りすぎた撥水剤は後から濡れたウエス等でふき取るので、多めにムラなく塗るのがコツです。

特に撥水すると運転のしやすさが向上するサイドガラスやミラー、助手席側の後部ガラスなどワイパーのないところは、フロントガラスなどに比べてより入念に撥水剤を塗るようにしましょう。

撥水剤をよく乾燥させる

私自身も失敗するのが、塗りの工程とこの乾燥の工程です。なんとなく早くやろうとしてこの2つがいい加減になると、いい加減になった分だけ仕上がりが残念になりムラムラ・ヌラヌラのガラスになります。

夏場の暑い時期なら10分程度、冬場なら20~30分置いて十分に乾燥させましょう

塗り終えたらタバコを1本吸う、お茶を一杯飲む位の感覚でガラス全体がうっすら白くなる位までじっくり待ちましょう。ここで塗りムラがあると白くならない部分ができるので、塗れてない部分は修正して再度乾燥させましょう。

乾燥させすぎたらふき取れなくなった経験がある方、ひょっとすると撥水剤の使い方を間違っているのかもしれません(詳しくは事項を読んでください)

よく絞った濡れ雑巾でふき取る

固く絞った布で拭きあげていきます。「え?固く絞った布?乾燥した布じゃないの?」と思った方は前述したように使い方を間違っているのかも知れませんので、今一度撥水剤の説明書きをよく読んでください。ね?一度濡れたもので・・・などと書いてありますよね?中には最初から乾いた布でと書いてあるものもありますが、仕上がりは一度濡れたもので拭いた方が断然きれいです。

ここで取れるのはガラスの表面に定着しなかった余分な撥水剤なので、力を入れてごしごしふき取って構いません。

ギラギラにならないように何度も布の面を変えながら丁寧にふき取ります。ふき取ったら車の中からムラやてかりがないかを確認しながら作業しましょう。

このとき撥水剤の塗り方にムラがあると塗った跡が出てしまい、太陽に向かって走る時に乱反射して見にくくなりますので、「失敗したかな?」と思ったらもう一度撥水剤を全体に塗り直して乾燥させ、再び濡れたものでふき取ります(つまり最初の工程に戻ります)。

仕上げは空拭きで

最終段階です。濡れ雑巾で拭いても何となく白っぽかったり、スジが残ったりします。これを乾いた布で拭きあげて完成です。

さいごに

ガラスの撥水をする前に油膜や水垢を落とさないといけないから面倒と思っているかも知れませんが、雨の影響でガラスがヌラヌラ、水とガラスが一体化しているかと思えるようなひどい状態のガラスにいきなり撥水処理をしてもきちんと作業すればちゃんと水玉コロコロになります。

ただし、本来は汚れのないガラスの表面に撥水物質が密着して効果が得られるものなので、ワイパーなどで剥がれてしまうスピードが速くなる可能性がありますから、時間があれば油膜や水垢も落とした方が効果は長続きするかも知れません。

撥水処理をすると、雨が上がった後でも水滴が残りにくいので、ガラスが汚れにくくなるという良い点もあります。それほど高い買い物ではありませんし、何より安全に運行できるようになりますから、ガラスの撥水にぜひチャレンジしてください。

※カー用品店やホームセンターなどで実際に撥水剤の売り場へ行くと、ピンからキリまでいろいろな価格帯の商品が並んでいて目移りしてしまうかも知れません。

あくまでも経験上の印象として、PBなど比較的安価に販売されているガラス撥水剤も効果は変わらないと思います。強いて違いがあるとすれば耐久性の部分でしょう。

また時間がなくてガラス処理できないときなどには、確認のためによく見る部分でありながらワイパーのない箇所

  • フロントのサイドガラス
  • サイドミラー
  • バックで駐車する際に見る助手席側の後ろのガラス

だけでもやっておくと格段に運転しやすくなります。ワンボックス車などピラーの角度が大きい車などでよくみられるミラーを見るための△や□の小窓?がある車はこの小窓を特にきれいに仕上げるようにすると視認性は大幅にアップします。

おまけ もしも撥水剤やワックスがついて黒い樹脂の部分が白くなってしまったら

一生懸命作業していると知らないうちにワックスや撥水剤がざらざらした黒い樹脂部分に付いてしまうことがありますよね?そんなときに重宝するのがレザーワックス。

通常室内で使うものですが、汚れ取りとワックス効果の両方が期待できるので修正に使うときれいに仕上がります。

ただし埃が付きやすいので仕上げ拭きはしっかりするようにしてください。

おまけ オートバックスのワンコインメニューやってみた

オートバックスのワンコインメニューに全面ガラスの撥水というのがあります。価格は500円、オイル会員になると1年でいろいろあるワンコインメニューの1つが無料になるというサービスがあったので、オイル交換ついでに頼んでみました(現在このサービスがあるかどうかは不明です)。

あくまで個人的感想ですが、結果は「なんだ、これなら自分でやった方が効果的!!」というものでした。やってもらった次の日ちょうど雨が降ったのですが、あまり効果がなくこれで500円?という印象でした。ひょっとして無料ではなくきちんと500円払ったら結果が違うのかなと勘繰ったりもしましたが、同じ500円払うなら自分で撥水剤を買って処理したほうが他のガラスもできるのでいいと実感しました。

人気の自動車用ガラス撥水剤

ここまでは車の外側の撥水について紹介しました。でも特に寒い時季にはガラスの内側の問題である「曇り」の対策も大事ですね。

という参考記事も掲載していますので、是非そちらもご覧ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】