【WordPress】管理画面の投稿一覧へ文字数を表示する方法いろいろ

SEOを意識すると一言で言っても何をどうしていいやら・・・と私のように躓いている方多いと思います。

以前に書いた

Googleが公式に開示している「Google検索エンジン最適化 スターターガイド」というのがあるのをご存じですか?私は最近知りました。内容を熟読すると、やっていそうでやれていないことがいろいろ出てきたので、文書の中からポイントをかいつまんで紹介したいと思います。

で紹介した項目に気を付ければ最低限の対策にはなるかなぁと思いながら記事を書いていると、それなりに効果があるというか、アクセスされるようになったかな?と言うレベルにはなります。

個々の記事を書いているときには、エディタの下に目安となる文字数が表示されるのでそれなりに意識して書けますが、過去に公開したものを検証しようとするといちいち編集画面開いてチェックするのも面倒だということで、文字数を管理画面の投稿一覧に出せないかと思っていろいろ調べてみました。

ちょっと脱線しますが、エディタの下に目安となる文字数が表示されるとしたのは、日本語がマルチバイト(1文字が複数の半角英数字分として数えられる)であることから正確な値をはじき出すのは無理だということと、ショートコードやタグなども文字としてカウントされてしまうからです。

これを前提にしてあくまで目安となる文字数を一覧に表示する方法をいろいろと紹介したいと思います。

とはいえ私はプログラマではないので、あくまでも調べてたどり着いたサイトやプラグインの紹介と検証になることをあらかじめ断っておきますね。

スポンサーリンク

唯一表示できるのは「Admin columns」というプラグインだが

手っ取り早くプラグインで実装できないか、いろんな語句で検索したところ、「Admin columns」というのが唯一(だと思う)ありました。

大雑把に「Admin columns」の概要を説明すると、管理画面の一覧(投稿一覧やユーザー一覧など一覧表示されるものすべて)に対して項目を追加したり並び替えたりできる結構重宝しそうなプラグインです。

早速インストールして文字数を表示してみたところ、他の機能はいいのですが、肝心の文字数に関しては実際に検証すると「あれ?おかしい」ということになりました。

原因は「文字数」ではなく「単語数」を表示する機能だということ。

私はこのサイトでも紹介している通りプラグインなどの日本語翻訳を行っているので気持ちはよくわかるのですが、おそらく翻訳した方が「word」を「文字」として訳したのでしょう。和製英語的にいうとワード=文字なのですから仕方ないのですが、英語で文字は「character」と表記しますから単純にこの間違いでしょう。

まあ、単語数でも表示できれば・・・と言いたいところですが、英語の場合は単語と単語の間に半角の空白(スペース)があったり、ピリオドがあったりするのでそこで区切りとして認識させることができるのですが、日本語は連続した文字ですし、英語と違って全角(マルチバイト)ですから大がかりにプラグインのソースを変更しないときれいに表示させることは不可能です。

テストサイトで数を数えてみたらやっぱり予想的中の結果でした(スペースまでが1として認識されました)。ちなみに2000文字と編集画面の隅に表示される文章のWord数が6となりました。

・・・という訳でこのプラグインで文字数を図る方法は失敗、他の方法を探ります

functions.phpへ追記する方法で表示可能なサイト2つ

プラグインの線が消えましたので、どうにかスニペットを紹介しているところはないかと調べたところ、2つのサイトで紹介されていました。

studio9さんのサイト

文字数を意識して記事を書く ブログを書いたり、SEOを考えるうえで、本文の文字数というのは結構重要です。 本文の文字数はGoogleがコンテンツの質を評価する指標の一つになっているそうで、少なすぎるとコンテンツの質が低いと判断される可能性が出てくるようです。 一般的には最低でも400字と言われていますが、400字なんて...

こちらのページで紹介されていました。記事ではマルチバイトの扱いについても詳しく書かれていましたのでまず間違いなく正確な値と思われる数字が出るだろうと考えて早速テストサイトのfunctions.phpへ追加したところ、いい感じの値が表示されました。

コードや詳しい解説については上記のページで確認してくださいね。

Nx Worldさんのサイト

WordPressで投稿一覧にサムネイル・ID・スラッグ・文字数の項目も追加・表示させる方法です。

こちらのページで紹介されていました。ここでは文字数だけでなくサムネイル・ID・スラッグ・文字数の項目と多岐に渡って紹介してありました。

同様にfunctions.phpへ追加したところ、こちらもきれいに表示されます。

2つのコードで表示される文字数が違う!?

 functions.phpへ何かを追加するのはいつもドキドキするのですが、今回は同じ役割のものを2つ追記したのでさらにドキドキでした。無事に動作して投稿一覧画面で確認・・・すると・・・

なんと2つの数字が違うではありませんか(どこかのテレビ番組ではありません)。さらに、編集画面隅の数字も違う!という結果になってしまいました。

前述した通り目安なのでどれでもいいかと言いたいところですが、申し訳ないと思いつつ2つの数字を検証してみることに。とはいえ文字数を数えるわけにもいかないので、問題となるマルチバイトに焦点を当てると、下のようなページがありました

エンコーディングが Shift_JIS であれば、半角文字は1バイト、全角文字は2バイトですが、エンコーディングが UTF-8 なら 全角文字は 2〜6バイトになります。純粋に文字列のバイト数を知りた

こちらではWordpressが使っているUTF-8という文字コードだとマルチバイト文字は2~6バイトの間の数になるとのこと。そしてより正確に数を知るには一旦Shift_JISへ文字コードを変換すべきと書かれています。

ということは・・・先に紹介したstudio9さんのほうが正確なのか?更に言うと、こちらではタイトルの文字数も表示される、ということで私的にはこちらを使わせていただくことにしました。

まとめ

WordPress標準であってくれればいいのにと思いつつ、○○できないかと調べると紹介してくださっているサイトがあるんですね。感謝感激です。

これで無事管理画面の投稿一覧に文字数が表示され

せっかく「Wordpress Popular Posts」プラグインを使って人気記事を表示しているのですから、このデータを個別の投稿記事や固定ページで使わない手はない!ということで、今表示している投稿記事や固定ページに表示数(view数)を表示する方法を紹介します。

で紹介している「Wordpress Popular Posts」プラグインのビュー数の表示と合わせて見ながら効率よく記事のブラッシュアップが図れそうです。

今回紹介させていただいた3つのサイトの記事、できれば後生消さないようにしていただきたいと切に願っております。

トップへ戻る