初心者でもできる「カスタム投稿タイプ(カスタムポストタイプ)」の設定方法と使い方②

公開日:2015年12月13日 使い方など
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

前回の記事ではカスタム投稿タイプの基本設定について書きました。今回はさらに一歩進んで、カスタム投稿タイプ+カスタムフィールドを使って記事を書く方法をご紹介します。もちろんカスタムフィールドに関する解説も紹介します。

ちなみに前回の記事はこちら

カスタム投稿タイプを簡単に使うプラグイン「custom post type ui」についてはこちら

カスタムフィールドって何?

また出て来たカスタム○○。アレルギー出そうですね。そんな方のためにとびきり簡単に説明を。

WordPressで記事を書くときに「タイトル」とか「記事の本文」とかを入力する白い画面、これを「フィールド」と言います。この「フィールド」を追加して自由に設定できるのがカスタムフィールドなのです。

使用例としては、プラグインの紹介ページで「プラグイン名」など必ず同じ内容を入力する項目がありますよね?これを毎回本文で書き替えたりしているとミスが起きることもありますし、複数の箇所に同じ文言があるときなどは変更そのものが大変になります。これを入力窓を設けてそこに入力されたデータを本文の中で何回でも呼び出して表示するといった使い方をします。

また、カスタムフィールドに入力された値を元に記事を絞り込んだり検索したりする機能を追加することもできるので、検索や絞り込みの精度向上のほか、複雑な動作が可能になります。よくあるサイトで想像すると、不動産の検索サイトや求人サイトなどがこの複雑な検索機能を使ったサイトになります。

それから、複数でサイトへの投稿を行うサイトなどでは、記事の本文に自由に文章を書いてもらうよりも、あらかじめ入力窓を設けておいて項目を埋めてもらう方法をとった方が統一された記事の集まったサイトを作ることができます。これもカスタムフィールドを使ったサイト制作方法の1つです。

プラグインを使ってカスタムフィールドを管理する

WordPressのお家芸、プラグインの登場です。カスタムフィールドを作る、管理するのに使いやすいプラグインに「Advanced Custom Fields」があります。おそらくカスタムフィールドでできることはすべてこのプラグインで設定できますので、これ1つ知っていれば大丈夫です。
「Advanced Custom Fields」の基本的な使い方は

を参照ください

ただ1つ設定を追加しなければならないことがあります。それは、どの画面に作ったカスタムフィールドを表示させるかという項目で、作ったカスタムフィールドを開くと「位置」という項目があります。この中の「ルール」で作ったカスタム投稿タイプを指定します。標準では「投稿(post)」が指定されていますから、プルダウンを開いて作成したカスタム投稿タイプ名を選択し、上書き保存します。

これで作成したカスタム投稿タイプの記事作成や記事編集画面を開いてみてちゃんとカスタムフィールドが表示されていればOKです。

本文でカスタムフィールドの値を呼び出す

基本的には

<?php the_field(“カスタムフィールドの「フィールド名」”, $post->ID); ?>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. 上のようなことがないのに更新できない
  6. 特に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページのコードを転載される場合には必ず当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

を入れれば表示してくれます。コードは1つの記事に何回でも使いまわせますし、ショートコードやタグの中に挿入して適用させることもできます。
これを使って記事の文章例を作っておけば同じ内容の流れを持つ記事が簡単に作成できます。

余談ですが、記事の文章例はいちいちコピーしなくても「Advanced Quick Tag」プラグインを使えばボタン1つで呼び出すこともできます

以上がカスタム投稿タイプ+カスタムフィールドを使って記事を書く方法になります。不明点や疑問点などありましたらコメント欄へお願いします。

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報