WordPressのコメントフォームから不要なフィールドを非表示にするプラグイン「Advanced Comment Form」



Wordpressのコメントフォームでは、標準の状態で「名前」と「メールアドレス」の入力は必須になっており、所有サイトの情報も入力できるようになっています。

よりたくさんの人からコメントをもらうためには「メールアドレス」の項目を必須ではない状態にして、代わりに

recaptcha機能というと難しい用語ですが、「Are you robot? google recaptcha for wordpress」はWordpressのコメントスパム防止のため「私はロボットではありません」という項目にチェックをいれてもらうようにするプラグインです。recaptcha(リキャプチャ)という言葉は知らなくても、きっとどこかで見たり実際にチェックを入れて送信した経験もあるのでは?

「Math Captcha」はログインなどのセキュリティによく使われる画像認証とは異なり、数字の計算式を表示して□の中に数字を入力して正しければ認証が完了するというユニークなプラグインです。

などのプラグインを追加して、メールアドレスの代わりとなるスパム対策を講じるのが妥当な方法だと思います。

でも、ディスカッションの設定で「名前」と「メールアドレス」を必須項目から外してもフォームには前述した3つの要素は表示されたままです。入力してもらう必要がないなら「メールアドレス」や「ウェブサイト」の項目も表示しないようにしたいということができるのが、今回紹介する【Advanced Comment Form】です。

いろいろと調べるとこれらの項目をCSSで非表示にしたり、コードを追加して非表示にしたりする方法がたくさん紹介されているのですが、より安全にカスタマイズするならやはりプラグインで解決するのが一番だと思います。プラグインで機能追加しておけば、再び表示したくなったときにはプラグインを停止するだけで処理が完了するというメリットもありますからね。

このプラグインは同時に不要となる「メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です」という文字列を他の文章に変更することもできますし、フォームの後ろに文章を追加することもできますから、標準仕様よりはちょっとオリジナルなコメント入力フォームを作成することができるようになります。



【Advanced Comment Form】プラグインの基本的な機能・できること

  1. コメント欄から「メールアドレス」フィールドを非表示にする
  2. コメント欄から「ウェブサイト」フィールドを非表示にする
  3. コメントフォーム前後の文字列を変更したり削除したりする
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Advanced Comment Form】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Advanced Comment Form】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります。下の解説に従って設定するだけですし、難しい単語は特にないと思われますのでそのまま設定しても不都合はないと思います

【Advanced Comment Form】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

設定はダッシュボードから「コメント」→「Comment Form」で行います。

項目は

  1. remove url field
  2. 「remove website field」はサイトを入力するフィールドを削除するチェック、「remove website field with css」はサイト入力フィールドに割り当てられたCSSを無効にするチェックになります。両方チェックしておけば問題ありません。

  3. remove email field
  4. 「remove email field」はメールアドレスを入力するフィールドを削除するチェック、「remove email field with css」はメールアドレス入力フィールドに割り当てられたCSSを無効にするチェックになります。両方チェックしておけば問題ありません。

  5. texts before the form
  6. フォームの前にある文章である「メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です」という文章を非表示にするには「remove default text before the form」にチェックを入れます。他の文字列にする場合はチェックを外し、上の窓へ表示したいテキストを入力します。

  7. texts after the form
  8. フォームの後ろにあるタグが利用できる旨のメッセージを非表示にするには「remove default text after the form」にチェックを入れます。他の文字列へ変更する場合は上の窓に代わりとなる文章を入力します。

  9. two column layout
  10. フォームのレイアウトを通常の1列から2列表示にします

【Advanced Comment Form】プラグインの基本的な使い方

このプラグインでフォームから「メールアドレス」の項目が非表示になりますが、「設定」→「ディスカッション」で「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」にチェックが入った状態だと、コメントが送信されたときにメールアドレスの入力チェックが働いてエラーとなりますから必ずここのチェックを外すようにしてください。

それ以外特にやる作業はありません

※使っているテーマや環境によってはうまく動作しないこともありますから、実際に動作させて確認してくださいね。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る