WordPressで管理画面からrobots.txtの編集ができるプラグイン「Robots.txt rewrite」

閲覧いただきありがとうございます。当サイトのURLは変更となりました。

旧アドレス(http://happy2010.wpblog.jpで始まるアドレス)でブログなどからのリンク、お気に入り登録、RSS登録などを頂いている方は、恐れ入りますが登録の確認と変更をお願いいたします

通常サイトが検索エンジンなどからクロールされる内容の制限や制御を行うrobots.txtの編集は

  1. FTPなどでファイルをダウンロード
  2. メモ帳などのツールで編集
  3. FTPなどでファイルをアップロード
  4. サイトをリロードして確認

というのが一般的な手順ですが、Wordpressのrobots.txtは必要に応じて作成される「仮想robots.txt」のような仕組みになっているため、サーバーのファイルマネージャーなどには表示されません。

ファイルはありませんが、「http://サイトURL/robots.txt」とブラウザのアドレスバーに入力するか、Google Search Consoleで見ると表示できます。

でも、コンテンツのクロールを細かく設定したい場合どうやって編集するの?という疑問が・・・。

編集可能にするには自身でrobots.txtをルートフォルダに作れば優先して使用されるため、Wordpressが作成するrobots.txtは適用されなくなるのですが、それではサイトマップ系のプラグインなどがrobots.txtを書き換えられずエラーとなってしまうこともあります。これを防ぐにはやはりこの「仮想robots.txt」を編集するのが一番!ということでリリースされているのが今回紹介する「Robots.txt rewrite」プラグインです

スポンサーリンク

【Robots.txt rewrite】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 管理画面からrobots.txtファイルの書き換えができる
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Robots.txt rewrite】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Robots.txt rewrite】プラグインは設定項目がないので特に必要ないと思います

【Robots.txt rewrite】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Robots.txt rewrite】プラグインの基本的な使い方

有効化するとダッシュボードの「設定」項目に「Robots.txt Options」が追加されますので、開いて編集します

【Robots.txt rewrite】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

WordPressで使うその他のファイルの編集ができるプラグインもあります

本来別のツールや手順を使って行う作業が管理画面からできるプラグインは他にもいろいろあります。

「Adminer」はワードプレスの管理画面からデータが格納されている「Mysql」データベースを操作できるプラグインです。不要データの削除やメンテナンスをデータベース上で直接行いたい場合や、プラグインに設定した情報が原因でエラーが出て管理画面が表示されないといった場合の復旧など様々な用途に使えます。

WordPressのデータが格納されているデータベースの中を編集できるプラグインです。

「WP Config File Editor」はこのwp-config.phpをWordpressの管理画面から編集できるプラグインです。wp-config.phpを簡単に説明すると「Wordpressが起動するとき最初に読み込む設定情報ファイル」です。このファイルをきちんと設定することで、余分なオプションの読み込みを止めてサイトの表示を速くしたり、セキュリティの向上を行ったりということができます。

WordPressの基本設定ファイルであるwp-config.phpを管理画面から編集できるプラグインです。

「CYSTEME Finder, a file explorer」プラグインはまるでパソコンのフォルダやファイルを操作するようにこれらの作業ができるようになる便利なプラグインです。

WordPressのインストールされているディレクトリのファイルを操作できるプラグインです。

大がかりな改変になればツールが必要かもしれませんが、中身を見たいだけ、ちょっと修正したいだけのときにはこういうプラグインを使うと簡単に管理ができます。

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る