WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

「メールでこのページを友達に教える」機能を追加するプラグイン「Send link to friend」


アクセスアップに必要なのは、役に立つコンテンツを作ってGoogleなどの検索エンジン上位に表示されて訪問者を獲得する、いわゆるSEO対策。でもこの方法は当たるも八卦当たらぬも八卦感があるし、インデックス情報が変更されるのも時間がかかるし、ましてやGoogleなどで順位を決定しているアルゴリズムが変更になればまたまた分からなくなる・・と不確定要素が多いですね。

そんな中、より確実にアクセスを増やすにはSNSでの拡散や知り合いへメールで「このサイトいいよ!!」と口コミで拡散することです。

SNSはそのままページの共有ボタンを押してツイートすればいいものの、メールでとなると、ページのアドレスをコピーしてメールに貼りつけて本文書いて・・・と紹介する側は大変な作業ですね。この作業を軽減しないとなかなかメールでの拡散は難しいと思われます。

ただ、今見ているページのURLをコピーしやすくするといってもコードも分からないし・・・という方にぴったりのプラグインがあります。「Send link to friend」というプラグインです。

「Send link to friend」は今見ているページをメールで送信する機能をWordpressに追加するためのプラグインです。

【Send link to friend】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 「今見ているページ」をメールで送信
  2. ウィジェットへフォーム形式で実装
  3. メール内容は固定されたもの+短いメッセージで送信

WordPress標準のメール機能を使用するため、環境によってはSMTP経由で送信する必要があります。また、サーバーなどによって送信できる回数が限られている場合もありますので確認してから使用することをおすすめします。

この記事を参考にプラグインの導入をする際以下に留意ください

このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「"」「'」などの記号を入力し直してみてください。

【Send link to friend】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Send link to friend】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

※フロントエンドのエラーメッセージや送信完了のメッセージが英語のままになります

【Send link to friend】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Send link to friend】プラグインの基本的な使い方

設定項目は「設定」→「Send link to friend」から行います
メールの件名、本文、差出人名などと、フロントエンド(閲覧画面)へ表示する文言を設定します

【Send link to friend】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

バージョン11.2の段階での感想です。今見ているページを気軽にメールで送信できるので、スマホで見ていて自分宛に送信する分にはいいのですが、友人となると送信元がサイト管理者のアドレスとなってしまうため「迷惑メール?」と思われてしまうかもしれません。

プラグインを使わずに、コード1つでこの機能を実装する方法を以前に紹介してます

この方法だと使っているメーラーが起動してURLが本文に入った状態になるので、差出人はメーラーに登録されているアドレスになるし、宛先もアドレス帳から選択できるのでどちらかといえばこちらの方が現実的かなぁと思います。

また、このプラグインはウィジェットへ表示することが前提なのですが、最近主流の右サイドバーのレイアウトの場合、通常レスポンシブ対応のページ表示はヘッダー→コンテンツ→右サイドバー→フッターの順になるのでスマホなどで見た場合には本文の末尾よりもずっと下に表示されることになります。

使用するシーンとしてはスマホから後でPCで見るためやスマホで見てほしいときに使うことが多いと思うので、この点もちょっと難点かなぁと思います。

リンクで紹介したコードだと本文のどこにでも挿入できるので、本文末へ挿入すれば利用される回数が増えるのではないかと思います。

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】