WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです
Plug-in "Shortcoder" that can insert fixed phrases and advertisements as short codes

定型文や広告などをショートコードにして挿入できるプラグイン「Shortcoder」

公開日:2017年10月7日 コンテンツ追加


投稿でよく使う定型文や広告コードの挿入どうしてますか??いろいろなプラグインを検索して試した経験がある方にとって定型文の挿入としてよく使われるのは

というプラグイン。Wordpressの投稿本文などにあらかじめ定型文をボタン化しておいたものをクリック1つで挿入できる、唯一無二ともいえる便利なプラグイン。もちろん本サイトでも使っています。

でも「AddQuicktag」の弱点は、その時に作成されている定型文を挿入するだけなので、後から変更しようと思うと結局すべての投稿で挿入し直さなければならないこと。

今回紹介する【Shortcoder】は投稿とは別にショートコードとして挿入するコンテンツを作っておき、プラグインが生成するショートコードを挿入することで内容が表示できるようになるプラグインなので、コンテンツの修正をすればそのショートコードの挿入されている投稿や固定ページすべての内容が一括で変更されるというのが最大の特徴です。

ショートコードとして挿入できるのはHTML形式で書かれた文章や広告コードなどでよく使われるスクリプト、さらには別のプラグインで生成されるショートコードも動作させた形で表示されるので個人的には「なんでみんな使わないの?」と思えるほどおすすめのプラグインです。

【Shortcoder】はバージョン5.0で大幅に仕様が変更となりました。以前のバージョンと比べより使いやすく、より便利になりましたが、プラグイン更新時には作成済みのコンテンツ内容がきちんと移行されないなどのトラブルが起こることがありますから旧バージョンからの更新は注意が必要です

【Shortcoder】プラグインの用途や機能

主な機能としては

  1. HTML形式の文章やスクリプトをショートコード化して投稿などへ簡単挿入できる
  2. 他のプラグインで生成されるショートコードを動作させた形で表示できる
  3. 変更を加えた内容がそのショートコードを挿入しているすべての投稿や固定ページへ即時反映される
  4. 挿入されているショートコードを動作させるかどうかの切り替えが管理画面上で設定可能

といったところ。補足情報としては以下の通りです。

この類のプラグインはいろいろリリースされていてどれを使っても一緒な感じがしたのですが、「Shortcoder」が優れているのは定型文の中に含まれているショートコードやhtml、スクリプトなどが動作した状態で挿入できる点です。

他のプラグインではテキストの挿入はできても定型文の中に含まれるショートコードなどは無視されるかそのままショートコードが表示されてしまうものが多いですから、気になる方は他のプラグインも試してみるといいと思います。

このプラグインがさらに便利なのはショートコード作成画面の下にある

  1. Temporarily disable this shortcode/ショートコードを動作させないようにする
  2. Disable this Shortcode for administrators/管理ユーザーの環境では無効にする

というオプション。挿入したショートコードを一括で動作させないようにしたり、管理ユーザーでログインした場合にはショートコードを動作させないという設定ができるのです。動作させないようにしたショートコードは完全に非表示(出力されない状態)となるため、このプラグインで生成されたショートコードももちろん表示されませんから、本文内にショートコードはあるけど完全停止が実現できます。管理者権限ユーザーで動作しないように設定しておけば、管理者が表示された広告を誤ってクリックしてしまうという事故も回避できますね。

また、

  1. デスクトップ/モバイル問わずすべてのデバイスからのアクセス時に表示
  2. モバイルデバイスからのアクセス時のみ表示
  3. デスクトップ(パソコン)からのアクセス時のみ表示

という表示/非表示の条件が指定できるのも便利です。

この紹介記事を最後に編集したときの環境・バージョンなど

プラグインは製作者によって日々更新されていくため、この紹介記事が最新バージョンのものであるとは限りません。参考までにこの記事の最終更新日時点におけるテスト環境、プラグインバージョン、プラグイン導入時の留意点などを記載しておきます。

プラグインを使用(試用)したテスト環境

  • テストサーバー:カラフルボックス定型文や広告などをショートコードにして挿入できるプラグイン「Shortcoder」の画像|Knowledge Base
  • WordPressのバージョン:5.3.2
  • PHPのバージョン:7.3.11
  • テーマ:ha-Basic(オリジナルテーマ)
  • プラグインのバージョン:記事更新時のバージョン 5.2.1/最新バージョン 5.3.3

本記事を参考にWordpressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

Wordpressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。さらにWordpressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。そしてWordpress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。
  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
  • ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。※また、ページによってはテスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Shortcoder】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Shortcoder】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。翻訳ファイルについての詳しい説明は


をご覧ください。

※翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Shortcoder】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

基本的な設定方法や使い方

設定項目はありません

基本的な使い方としては
管理画面のShortcoderから通常の投稿と同じようにショートコードで挿入されるコンテンツを作成し、通常の投稿本文内で作成した定型文を表示したい場所へショートコードを挿入するという流れになります。

作成済みのショートコードの内容を修正すると、挿入されている定型文がすべて書き変わるようになっていますので、たくさんの投稿で同じ文章や案内をしているようなサイトではメンテナンス性が各段に向上します。

以下公式サイトの画像です


いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】