WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

投稿や固定ページへGoogle Mapの地図を表示できるプラグイン「Simple Map」

公開日: コンテンツ追加

サイトやブログに地図を表示したい場合、Googleマップではプラグインを使わなくても、地図右下の「歯車アイコン」→「地図を共有/埋め込む」で埋め込みコードを取得することができます。

が、スマホには対応していないため、地図が画面からはみ出てしまいます。スマホで見る方はピンチインやピンチアウトをすることで適正に見ることができるのですが、せっかくだからきれいに表示したいところです。

ただ、地図が表示できるなら何もわざわざ・・・と言いたいところですが、せっかく追加機能(プラグイン)の充実しているWordPressですし、できればスマホからでもきれいな表示を実現させたい、ということでプラグインの登場です。

プラグインの名前は「Simple Map」です。

【Simple Map】プラグインの基本的な機能・できること

「Simple Map」の概要

ショートコード中に住所を指定するだけで簡単に投稿や固定ページ中へ地図を表示できるようになるプラグインです。

特に難しい設定等はありません。

プラグインの仕様が変更になりました

※2016年8月追記
このプラグインを利用するためにGoogle Maps APIキーが必要となりました。このプラグインだけでなくGoogle Mapを利用するプラグインではほぼ必要になってくると思います。

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、ページによってはテスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Simple Map】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Simple Map】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Simple Map】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordPressのプラグイン公式配布ページがダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

プラグイン一覧画面にGoogle Maps APIキーの取得を促す文言が出てきますので、クリックしてGoogle Maps APIキーを取得します
APIキー取得方法に従ってAPIキーを取得し、入力して設定します。
※未確認ですが、多くのGoogle APIキーは使用数によって有料になるようになっています。利用に関しては概要をよく確認ください

【Simple Map】プラグインの基本的な使い方

記事や固定ページの地図を表示したい場所へ

[map addr=”表示したい住所”]

を入力すれば、簡単に地図表示ができます。

例)東京都庁の住所、東京都新宿区西新宿2-8-1を表示する場合には

[map addr=”東京都新宿区西新宿2-8-1”]

と入力します

住所の地番は半角・全角いずれも表示可能。「-」がハイフンであっても○丁目○番地であっても問題なく表示されるようですが、実際には設置した際に確認するようにしましょう。

また、パラメーターを指定することで、基本のサイズや縮尺をことができます。

幅400px、高さ400pxにしたい場合

[map addr=”住所” width=”400px” height=”400px”]

デフォルトは「width=”100%” height=”200px”」に設定されています。

※width(幅)の指定をpxで固定するとテーマによってはスマホなどで見たときに地図がはみ出てしまうことがあります。これではプラグインにした意味がないので、width=”100%”の指定はなくさない方がいいと思います。

地図の倍率の指定は下記のように記述します。

[map addr=”住所” zoom=”18″]

ちなみにデフォルトは「16」に設定されています。

せっかく「土地」を紹介するのですから、地図を表示してより見やすいページ作りをしましょう。

【Simple Map】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、WordPressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

Google Map API不要のプラグインもあります

今回紹介した「Simple Map」よりも個人的には使いやすいプラグインです。Google Map APIキーが不要なのもいいですね。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。