【WordPress】専用のプラグインを使わずに自動で最新の情報を表示できる「サイト管理者からのお知らせ(ニュースコンテンツ)」を作る方法

WordPressで作るサイトで更新情報とか新着情報と言われると想像するのが「新しく公開した記事の一覧」だと思います。Wordpressはブログ+αのサイト作成ツールですから基本的にはブログと同じ、その名残?で「News」というとこの新着記事一覧になるのではないかと思います。

ただブログではないサイトを作成しようとするとき、「わざわざ記事にする必要はないけど訪問者にお知らせしたい事柄がある」なんてケースありますよね?

そんなのはカテゴリー作っておいて新着記事をカテゴリーで絞り込んだものを表示すればよし!!と思った方、半分正解です。なぜ半分かというと・・・表示側では全体の新着記事に混ざってしまう問題をクリアしないといけないこと、管理側ではお知らせと通常の記事がごちゃごちゃになってしまうのを管理していくことが必要となることなどから、結局管理も最終的な表示方法も煩雑になってしまうからです。

できれば「お知らせ」はお知らせとして、通常の記事は「記事」として管理も表示もしたくありませんか?数はとても少ないですけどこの手のプラグインはいくつか存在します(探すのに結構苦労します)。が、今回は投稿の種類を増やす、リストを作るなどに興味のある方なら使っているかもしれない2つのプラグインの機能を使って専用品を使わずに実装してみたいと思います。

サンプルではなく実際にこのページのタイトル上にも使っている方法なので「そうそう!こんな感じの!!」と思われる方は是非やってみてくださいね。

※一覧ではなくスクロールされるようにしたい、1行で表示させたいという場合には今回紹介する方法よりも専用のプラグインを使ったウホがいいと思います。おすすめは

【Ditty News Ticker】は投稿とは完全に別の一行ニュースを作成し、ショートコードでどこにでも表示が可能なプラグインです。サイトの更新情報、新しく追加した機能、ユーザーへのお知らせなど記事にするまでもないけどお知らせしておきたいコンテンツを作るときに重宝するプラグインです。

です。実はこのプラグインもこれから紹介する方法と同じように作ったものに1行表示できるような動きやデザインを加えたものです。

スポンサーリンク



専用プラグインを使わずに「お知らせ」機能を実装する方法

使用するプラグイン

今回の機能で使用するプラグインは

Wordpressでは通常の投稿とは別に「投稿の集まり」を作るカスタム投稿タイプという機能があります。また、通常のカテゴリーとは別に「カテゴリーの集まり」を作るカスタムタクソノミーという機能があります。「Custom Post Type UI」は「カスタム投稿タイプ」や「カスタムタクソノミー」を簡単にいくつでも作成することができるプラグインです。
「W4 Post List」は全くコード知識なしで、様々な条件の組み合わせ、複数条件からの抽出を行ってリスト化し、ショートコードで任意の位置に一覧を表示できるプラグインです。

の2つです。上のプラグインはカスタム投稿タイプという通常とは別の記事の集まりを作るためのもの、下のプラグインは何でもかんでもリスト化できるものです。プラグインを使わずに両方作ることも可能ですが、管理しやすいのでプラグインを使用することをお勧めします。

カスタム投稿タイプを作る

まずは「お知らせ」用の記事の集まり(カスタム投稿タイプ)を作ります。プラグインを有効化するとダッシュボードに「CPT UI」というメニューが追加されますので「カスタム投稿タイプの追加」をクリックして作成します。
カスタム投稿タイプ作成画像

設定するのは「カスタム投稿タイプのスラグ」と「名前(2か所)」だけです。いろいろ設定項目ありますけど特に他の記事とカテゴリーなどで関連づける必要もありませんからこれだけでいいです。

このプラグインについて詳しく知りたい方は

ワードプレスで通常の投稿とは別に「投稿の集まり」を作れる機能であるカスタム投稿タイプ。カスタム投稿タイプ用にテンプレートを作ってカスタムフィールドの入力のみで記事を作成できたり、カスタムタクソノミーといってカスタム投稿タイプごとに独自のタグやカテゴリーを設けられたりと、Wordpressでこれを覚えたらやりたい放題になる機能ですが、そもそも機能を使うのにもちょっと知識が必要だし、カスタム投稿タイプは導入しただけでは通常の記事のように動作しないし、いろいろと設定をしないと検索エンジンクローラーが来てくれない(インデックスされない)など忘れてはいけない設定がたくさんあるので、忘れないように手順を書いておこうと思います。これだけやればカスタム投稿タイプを100%活用できる手順です。

を参照ください(今回の趣旨とは離れるのでここでは割愛します)

作成できたら1つテスト記事を作ってみましょう。そして公開したら新着記事の一覧などを見てみてください。ね?表示されませんよね?たったこれだけで第一関門クリア!!です。

「お知らせ」に投稿した記事をnoindexにする

サイトからのお知らせというコンテンツはそれ自体がすごく短い文章であることが多いです。前項でカスタム投稿タイプに追加した記事はどこにも通知されないと解説しましたが、検索エンジンのクローラーは別。基本的にsitemap.xmlをヒントにクロールしますけど、そこからリンクをたどって「お知らせ」記事にたどり着いてしまうこともあるんです。

クロールされること自体は問題ありません。でも、前述したように短い文章の記事ですから間違って「このサイトは意味のないコンテンツが多いサイト」と認識され、一生懸命書いた他の記事に影響が及ばないとは限りません。

クローラーが巡回しても検索結果に掲載されるように登録しない、いわゆるNoindex属性をつけておくことをお勧めします。

方法は

自身のサイトの環境に合わせてちょこっとカスタマイズしたコードをWordpressのテーマに直接追記するだけで「カスタム投稿タイプ」ごとインデックス対象から外す(noindex)にする方法を紹介します。

で詳しく掲載していますので参考にしてください。

「お知らせ」リストを作成する

先ほど作ったカスタム投稿タイプへ追加したニュースをリスト化します。テンプレート作ってPHPでコード書いて・・・というのは敷居が高いですから、これにもプラグインを1つ使います。前述した「W4 Post list」というプラグインです。このプラグインはいろいろな条件で簡単にリストが作成でき、ショートコードで簡単に固定ページや投稿にリスト表示できるので大変便利です。

プラグインの新規追加から「W4 Post list」をインストールして有効化します(検索ではすぐにヒットすると思います)

有効化すると管理画面のメニューに「W4 Post list」というのができますので、新規追加(Add New)をクリックします

下の画像のような画面が出てくるのでタイトルの入力と右下の「custom」を選択します。

次に画面左側の「Posts」タブをクリックして、先ほど作ったカスタム投稿タイプのみを選択します(画像は「ニュース」というカスタム投稿タイプを作った場合の例です)
w4postlistの画像2
※表示件数などの調整がスクロールしたところでできますので後で調整してくださいね

最後に「Template」タブをクリックし、一覧に表示する内容を作成します(今回はタイトルのみ表示するようにしています)
w4postlost画像③

終わったら画面右の「公開」をクリックすればリスト作成完了です。

※簡単に書いていますので、細かい調整などはこのプラグインの紹介記事

「W4 Post List」は全くコード知識なしで、様々な条件の組み合わせ、複数条件からの抽出を行ってリスト化し、ショートコードで任意の位置に一覧を表示できるプラグインです。

などを参照ください。

「お知らせ」リストを挿入する

リストの作成が終わったらもう完成したも同然!!管理画面から「W4 Post list」をクリックすると、先ほど作成したリストが表示されますので、一覧にあるショートコードをコピーして投稿や固定ページへ貼り付ければ完成です。

あとはCSSで囲み線を付けたりして装飾してくださいね。

おまけ 「お知らせ」の記事にはAdsenseの表示をしない方がいいかも

あまり気にすることはないと思いますが、Google Adsenseはサイトや記事の内容、閲覧した方の履歴やcookieのデータなどを元に広告を表示する「コンテンツ連動型広告」。表示するだけでも微々たる収益があることから最初に始めるアフィリエイトとして使われる方も多いと思います。

ただ広告を配信する側から考えると、お知らせなどおおよそ関連性のない内容に対して広告が表示されてしまうのは広告費用を無駄に使うようなもの。Adsense側も当然それも考慮に入れて広告配信しているはずです。

あくまでも想像ですけどGoogleから見て「広告配信するのが無駄?」と判断されるサイトはやっぱり敬遠されるもの(私が会社経営者
ならそういう判断します)ですよね。大した内容もない「お知らせ」コンテンツならなおさらな話だと思います。

そこで、サイトの品位を守るためにも広告の表示をあえてなくすという処置をした方がいいのでは?と思います。

テーマでこの記事は表示する/表示しないを設定できるものは都度行えばいいとして、そうでない場合には

Wordpressのサイトが充実してくると「条件によって表示されるサイドバーなどのウィジェットを替えたい」というシーンが出てくると思います。「Restrict Widgets」は条件に応じてウィジェットごとに表示/非表示の切り替えができる便利なプラグインです。

などを使ってウィジェットを使った広告表示のコントロールを考えることも大切だと思います。

このプラグインはウィジェット1つ1つで表示/非表示をコントロールできるプラグイン。広告表示をしているウィジェットで「お知らせ」の投稿タイプに対して表示しないようにしていけば、より健全なサイトとして認識されるかもしれません。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
【送料無料】 WordPressレッスンブック HTML5 & CSS3準拠 スマートフォン・タブレット対応 / エ・ビスコム・テック・ラボ 【本】

【送料無料】 WordPressレッスンブック HTML5 & CSS3準拠 スマートフォン・タブレット対応 / エ・ビスコム・テック・ラボ 【本】

3,024 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社ソシム発売日2014年06月ISBN9784883379248発売国日本サイズ・ページ319p 24×19cm関連キーワード 9784883379248 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
【中古】 WordPressレッスンブック ステップバイステップ形式でマスターできる / エビスコム / ソシム [単行本]【メール便送料無料】【..

【中古】 WordPressレッスンブック ステップバイステップ形式でマスターできる / エビスコム / ソシム [単行本]【メール便送料無料】【..

323 円 (税込)
著者:エビスコム出版社:ソシムサイズ:単行本ISBN-10:4883377245ISBN-13:9784883377244■通常24時間以内に発送可能です。午後1時までのご注文は通常当日出荷。■メール便は、1冊から送料無料です。※宅配便の場合、2,500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅配便を..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
トップへ戻る