WordPressのアイキャッチ画像(サムネイル画像)を楽に便利に設定する方法

少し昔のバージョンから採用され今ではすっかり定着したアイキャッチ画像(別名サムネイル画像)。今ではほとんどのテーマで採用され、記事アーカイブや人気記事一覧、RSSでの表示、アイキャッチ画像を使うプラグインの増加など、どんどん広がる画像アイテムですが、記事や固定ページをを作っていて「面倒だ」と思ったり「忘れて公開」してしまったりすること多くないですか?

でも設定しないと

  1. アイキャッチ画像が入るべきスペースが空欄になってしまう
  2. テーマやツールによってはアイキャッチ画像が入るべきスペースへ文字やタイトルが左や右に寄せられてしまい、表示が不格好になる
  3. アイキャッチ画像がない場合に「No Image」など味気ない画像が入ってしまう

などということが起こり、せっかく見た目にきれいなページを作るためのレイアウトが崩れて悲惨な外観のサイトになってしまうこともあります。今回は便利だけど忘れやすいアイキャッチ画像の設定を簡単にするプラグインをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

必ず規定のアイキャッチ画像が入るようにする

 まずは、記事作成時に予め設定しておいたアイキャッチ画像が自動的に挿入されるようにして、アイキャッチ画像がないという状態を避けるようにしましょう。
プラグインでやる場合には

「Wordpress Auto Featured Image」は記事や固定ページ、カスタム投稿タイプへの投稿時にあらかじめ設定しておいたアイキャッチ画像を自動で挿入してくれるプラグインです。

プラグインを使わずfunctions.phpへコードを直接書く場合は

新規に記事を投稿するとき、何も設定しなくてもいつも同じアイキャッチ画像を表示しておき、違うものを設定したい場合のみ変更して使うためのコードです。「ここに画像のID」となっているところに、標準のアイキャッチ画像として表示したい画像のIDを入力して保存します。functions.phpに下記のコードを追加することで動作します。

アイキャッチ画像の設定忘れを防止する

アイキャッチ画像が設定されていないと記事や固定ページの公開ができないようにするチェックプラグインを使います

「Require Featured Image」は投稿や固定ページでのアイキャッチ画像の登録を必須項目にし、設定していない場合には公開できないようにするプラグインです。

後から簡単にアイキャッチ画像を設定したり変更したりする

うっかり設定し忘れた場合や複数のアイキャッチ画像をサクサク変更するにはこのプラグインを使います。記事や固定ページ、カスタム投稿タイプの管理画面一覧上で編集画面を表示する必要なくアイキャッチ画像を設定できます

個人的にはとても重宝しているプラグインを紹介します。通常アイキャッチ画像の設定は「記事一覧」から対象の記事の「編集」を選択してアイキャッチ画像を選ぶという手順になり、これは画像を変更するときも同じです。「Easy Featured Images」はこの作業を記事一覧画面上で簡単に変えられるプラグインです。

最期に

上記3つの方法を組み合わせて、作成しているサイトの特性に合わせて調整すれば、アイキャッチ画像の自動挿入や忘れの防止、メンテナンスが簡単にできるようになります。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メニューを表示できません

ページ先頭へ