WordPressで簡単に物販アフィリエイトページが作れるプラグイン「CS Shop」

無料のブログやhtmlで作るサイトからWordpressへシステム変更される方がやりたいことのきっかけというか代表的なコンテンツといえば「掲示板サイト」「口コミや情報などの投稿サイト」、「会員制のコミュニケーションサイト」そして「アフィリエイトサイト」ではないでしょうか??

掲示板を作るプラグインで代表的なのは「bbpress」

今回は「bbpress」を使うために最低限行うことを紹介します。と言っても私も手探りでやっていきますので今からbbpressを使ってみようという方の参考になればと思います。ただ、お使いのサーバーやWordpressのバージョン、テーマ、使っている他のプラグインなどとの兼ね合いによって不具合が発生したりすることがありますので、あくまでも使用は自己責任で進めてください。

ですね。また、会員制のコミュニケーションサイトをつくるなら「BuddyPress」が人気のようですね。

そして誰かに投稿してもらう(フロントエンドからの投稿)プラグインでおすすめは「Wp User Frontend」

「WP User Frontend」は日本語化してしまえば使い方は一目瞭然なので、一度使ってみてほしいプラグインです。もう一度書きますが、入力項目を指定できる(通常の何でも入力できる本文なしでフォームの作成ができる)のはおそらくこのプラグインだけだと思います。

です。残念ながら無料で口コミサイトをきちんと作れるプラグインはまだ見つけられていません(これをやりたい!!というのが有料になっているものがほとんど)。まあ、Wordpressの基本機能+αでそれとなく作るなら

Wordpressには口コミサイトを作るためのプラグインが本当にたくさんリリースされています。ただ、いろいろと試しても無料版ではほとんど使い物にならないので、標準のコメント機能を使って何とかなりそう!!ということで、いくつかのプラグインを使って作ってみたときの備忘録です。

のようにコメントフォームをうまく使って作ればそれなりの口コミサイト制作ができます。

あとはアフィリエイトだけ・・・ということになるのですが、アマゾンアソシエイトや楽天市場を使った物販を行うとき、皆さんはどうやってますか?

  1. 1つ1つアフィリエイトサービスの中から商品リンクを作って投稿
  2. 商品を選んでグリッド表示できるようなプラグインを使って投稿

というのが一般的でしょうか??確かにアマゾンアソシエイトに関してはいろいろなプラグインが出ていて、簡単に商品情報が挿入できるものがありますね。でも、商品が廃番になったり取り扱いがなくなったりしたときはどうしてますか??。いちいちチェックできないからそのまま・・・で放置でしょうか??

自分がユーザーとしてサイトを見たとき、穴の開いた商品一覧から「これ!」と選んで買い物はしませんよね?そもそもアマゾンのサイトで探せばいいわけですし・・・。そこを自分のサイト経由で買ってもらおうと思ったらそれなりのチェックと努力が必要ですよね?

ただできればノーメンテナンスを目指したいというのが世の常人の常、そんな願いをかなえてくれるのが今回紹介する【CS Shop】です。

スポンサーリンク

【CS Shop】プラグインの基本的な機能・できること

  1. ショートコードで商品の一覧が表示できる
  2. 表示方法は検索型とアイテム表示型の指定ができる
  3. 表示数や商品のキーワードなどで一覧表示ができる
  4. 現在販売されている商品しか表示されないのでメンテナンスフリー

と一度設定したら何もしなくていい位の機能が備わっています。

そして何より日本の方が作った日本のためのプラグインなので

日本のアフィリエイトサービスの商品一覧を簡単に作成できる WordPress プラグイン CS Shop の説明です。WordPress.org の配布サイトは英語なので日本語で説明しています。

に詳しく解説されています。使い方もとても簡単なので本当に便利でする

ちなみにこのサイトの本文下にあるアマゾンアソシエイトや楽天市場の商品一覧は【CS Shop】を使って作っています。もちろんノーメンテナンスです。

私はかなり前からこのプラグインを使っていて、まだまだ雀の涙程度ですが実績があります。今回紹介することで使う人が増えて自分の実績に陰りが・・・となりそうでちょっと怖いですが、サイトの検索順位なんてコンテンツ次第!!ということがようやく分かってきたのでそろそろ紹介しようと思います。

しばらくアップデートされていないので終了した「Yahoo Shopping」のアフィリエイトが設定できるようになっていたりしますが、アマゾンアソシエイトと楽天アフィリエイトに関しては正常に動作しています(心配な方は使わないでくださいね)。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【CS Shop】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【CS Shop】プラグインは有効化すると日本語で使用できるようになっていますので、英語が分からない方でも安心して使えます

【CS Shop】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

設定はダッシュボードから「設定」→「CS Shop」で行います。

各アフィリエイトサービスのapi情報を追加するだけです。些細な意地悪ですがapiの取得方法は自身で調べてくださいね。

【CS Shop】プラグインの基本的な使い方

日本のアフィリエイトサービスの商品一覧を簡単に作成できる WordPress プラグイン CS Shop の説明です。WordPress.org の配布サイトは英語なので日本語で説明しています。

の作者さんのサイトを見れば100%分かりますから割愛したいところですが、次項でそこに掲載されていないテクニックをサービスで2つ紹介しますね。あんまり詳しくするとコピペで済まそう!!なんて人が出てきそうですからヒントめいた内容になることをご容赦願います。

商品を表示する方法

商品を絞り込んで一覧表示するには
[csshop service=”amazon” keyword=”WordPress” category=”Books” sort=”-sales” mode=”embed”] のようなショートコードで表示しますが、これをもう少し楽に、ミスなく設置する方法を紹介します。

何をするかというと、カスタムフィールドにネタを入力してphpで呼び出してやろうという方法です。

これを行うには「EXEC PHP」などの本文でphpが使えるようにするプラグインと「Advance Custom Fields」などカスタムフィールドをフォーム化して使えるプラグインを併用します。続きは以前に書いた

便利な物販アフィリエイトプラグイン「CS Shop」ですが、他に2つのプラグインと組み合わせることでさらに究極のプラグイン化が実現できます。同じことされるとライバルが増えるのであまり教えたくはないのですが、本当に便利で効率的なので紹介します。

を参照ください。

ちなみにショートコードがウィジェットで動作するテーマならウィジェットに設定すればどの投稿でも共通の表示をしつつ、投稿ごとにアイテムを変えるなんてこともできますので工夫してみてください。

複数列で表示する方法

CS Shopプラグインで設定されている個々の商品のCSSは

div.csshop-item {
    clear: both;
    margin-bottom: 20px;
    border-top: 1px #cccccc dotted;
    border-bottom: none;
    border-left: none;
    border-right: none;
}

です。これを上書きするようにCSSを設定して、列数を増やします。

結論から言うとそのままテーマのCSSにコピペして

.csshop-item {
    clear: none!important;
    margin-bottom: 20px;
    border-top: 1px #cccccc dotted;
    border-bottom: none;
    border-left: none;
    border-right: none;
    float: left!important;
    width: 320px!important;
    height:580px!important;
}

とすれば複数列表示になります。

簡単に解説すると、もともとのプラグインにあるCSSが後から適用されてもカスタマイズした内容が反映されるように、重複している要素には「!important」を付けます。今回に限らずCSSの編集をした際これをやらずに「変わらないなぁ」という方がよく見えます。特に追加する要素に対してはこれをやらないと100%反映されませんのでご注意ください。

「clear: both;」は1つの塊(商品)が終わったら改行しなさいという指示なので、これを「clear: none!important;」にします。

そして、できる限り左寄せにしなさいという「float: left!important;」を追加します。

さらに「width: 320px!important;」を追加します。なぜ320ピクセルかというと、スマホなどのモバイル表示の画面がだいたい最小でこの値だからです。モバイル表示を無視するなら50%(横2列)でも33%(横3列)でもいいです。

最後に高さの調整を「height:580px!important;」でしています。扱う商品などにもよりますが、写真が長かったり文章が長かったりするので値は調整するか、その他のdiv classに対して制限を設けることで解消できます。

・・・ちょっと詳しく書きすぎたかな??結構この表現方法がこのプラグインのキモ処のような気がするので・・・まあいいか。

【CS Shop】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

CS Shopのショートコードを入れた記事本文が表示されないときは

サーバーによってはCS Shopのショートコードを入れたとたんに投稿などの本文が表示されなくなることがあります。

これを解消するにはFTPなどでCS Shopのフォルダを開き、「Cache」と「cache-temp」の中のファイル・フォルダのパーミッションを変更することで解決できます。最低限動作するように調整した方がいいと思いますので、安易に「777(フルコントロール)」にするのだけは避けた方がいいと思います。

リスト表示で画像以外の部分にリンクタグを自動挿入するには

このプラグインを使う方はリンク切れを防止するため個別商品ではなくキーワードによるリスト表示をすることが多いと思います。

そのとき、キーワードや条件に応じてノーメンテナンスで一覧が表示されるのはすばらしいですね。でもその商品のリストからリンク先へ飛ぶように設定されているのは画像のみなんです。運よく画像をマウスオーバーしてくれればいいのですが、できればタイトルなどにもリンクを設定したいところ。そんなときはプラグイン編集を開いてCS Shopの「function-view.php」を開き、

286行目あたりの

{$item_escaped['name']}

<a href="{$item['aurl']}" target="_blank">{$item_escaped['name']}</a>

にすればパソコン表示でタイトルにリンクタグが付くようになります。

同様に305行目あたりにも同じコードがありますからそこを変更すればモバイル表示でもタイトルにリンクが付くようになります。

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【送料無料】 WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書 Webデザイナー養成講座 / 中島真洋 【本】

【送料無料】 WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書 Webデザイナー養成講座 / 中島真洋 【本】

3,002 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社技術評論社発売日2015年06月ISBN9784774173801発売国日本サイズ・ページ366p 26cm(B5)関連キーワード 9784774173801 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版 /プライム・ストラテジー株式会社(著者) 【中古..

【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版 /プライム・ストラテジー株式会社(著者) 【中古..

1,649 円 (税込)
プライム・ストラテジー株式会社(著者)販売会社/発売会社:SBクリエイティブ/ 発売年月日:2015/02/01JAN:9784797381078
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございました。 内容の相違、導入後のトラブル、設定方法のお問い合わせなどはこちらのリンクからお願いします。
さまざまな情報をいただくことで、プラグインの紹介記事をより正確でよりわかりやすく、よりいろいろな方のお役に立てる情報にしていきたいと考えておりますので、ぜひともご協力をお願いいたします。

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る