WordPressでYahoo知恵袋などにある「違反通報」と同じ機能を追加できるプラグイン「Report Content」

Yahoo知恵袋など多くの方が投稿するサイトでよく見かける「違反通報」機能。投稿された内容がサイトの趣旨に反していたり、個人の誹謗中傷が書かれていたり、全く信ぴょう性のない確度の低い情報だったりしたときにサイト管理者へ通告する機能ですね。

WordPressで複数のユーザーが投稿するタイプのサイトを作っていたり、記事数が多くなってくると最初はできていたチェックもだんだんできなくなってきて無法地帯になってしまうことも。

そんなときありがたいのがこの「違反報告」の機能。実際に閲覧した方から通報してもらうことで「第三者の目」のチェックが入り、サイトのモラルを維持することができるようになります。もちろんすべての投稿に対して意見をもらえるわけでもありませんし、中には違反通報自体が誹謗中傷だったりということもあるかもしれませんが、それはそれで参考になるかもしれませんね。

WordPressにはもともとコメント機能があるからそこから・・・と思うかも知れませんが、コメントの多いサイトだったり、コメント機能をそのまま掲示板のように使用しているサイトでは「違反通報」と混ざってしまうこともあります。

また、掲示板はモデレート(認証)すると一般に公開されますから、何の気なしに「承認」してしまえば違反通報自体が丸裸?になってしまうこともあります。

「Report Content」はコメントや投稿などとは全く別の投稿タイプを使って「表に決して表示されない通報」をしてもらうことができるようになるプラグインです。

また、違反通報だけでなく、表示される文言を変えれば意見や要望を募集する際にも使えますから利用用途は結構広いと思います。

コメントのように自由に本文を書いてもらうのではなく、あらかじめ通報内容を選択肢で表示しつつ自由に文章を書くスタイルなので通報内容の理解がしやすいのもおすすめポイントです。

ちなみにフォームはこんな感じ(上のボタンをクリックするとフォームが出てきます)

デモページ(外部サイト)も作りましたので確認してみてください

スポンサーリンク

【Report Content】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 投稿や固定ページへ「違反通報」機能を追加する
  2. 表示は「投稿」「固定ページ」「すべて」、任意のコンテンツから選択・設定可能
  3. ログインユーザーからのみ受け付け/すべての人から受付の選択ができる
  4. 通報内容は公開されず、閲覧も「サイト管理者」「作成者」「管理者と作成者」のみに限定できる
  5. 上の条件で投稿編集画面へ通報内容がウィジェット表示できる
  6. 違反通報があったときに「サイト管理者」「作成者」「管理者と作成者」へメール通知できる
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. 閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています

【Report Content】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Report Content】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

個人的には面白いプラグインだと思ったのですが、フロントエンド(閲覧画面)に表示される文字列も英語になってしまいますから日本語で使えないのは残念。

・・・ということで、いいか悪いかは置いといて、日本語に変換したものを用意しました。プラグインを更新すると英語に戻ってしまいますがよかったらどうぞ

ダウンロードの手順
申し訳ありませんがこのファイルの提供は終了させていただきました  ※ダウンロードを行うにはログインが必要です。こちらのユーザー登録の方法を確認の上ご登録いただき、ログインしてください(登録は無料です) 

すでに登録がお済みの方はログインをお願いします

※パスワードをお忘れの場合は「パスワードをお忘れですか?」をクリックして再発行を行ってください(同一メールアドレスでの追加ユーザー登録はできません)

下の「クリックしてダウンロードを開始する」をクリックすると保存先を指定するダイアログボックスが表示されますので適当な場所を指定してダウンロードしてください

※一度登録いただければ、当サイトで配布しているファイルのダウンロード、会員専用のコンテンツ閲覧などをいつでもご利用いただけます

※入力いただいたメールアドレスとユーザー名を元に当サイトの発行するメールマガジンへの登録をさせていただきます。定期的に配信されるメールの末尾にある「解除」リンクをクリックすればいつでも購読解除ができます。

※ユーザー登録には時間や期間を限定したメールアドレス(使い捨てメールアドレス)は使用いただけません

日本語翻訳済みの「Report Content」プラグイン本体ファイル

※私自身は「違反通報」というよりは「非公開の意見を求める」目的で使ってみようと思ったので「ご意見・ご要望をお寄せください」という感じの翻訳にしていますのでご了承ください。

フロントエンドのフォームに表示される文字列はプラグインの中の「report-form.php」を開いて変更できます。英語のプログラムの中に日本語が入っていますから、実際のフォームを表示しながら編集すれば問題なく変更できると思いますのでチャレンジしてみてくださいね。

現在インストール済みの【Report Content】を日本語化したい場合は、一旦プラグインの停止と削除を行った上で↑からダウンロードしたファイルをアップロードインストールしてください。

もしも変更に失敗して管理画面が表示されなくなったりしたら、設定と使い方で紹介している【Wordpress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法を参考に復旧させてください。

改変・再配布を行うのはどうかと思いましたが、バージョンアップで言語変更対応になってほしいという願いをこめて・・・

【Report Content】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

日本語化したファイルでインストールした前提での説明になります
全体の設定はダッシュボードの「Report Content」→「Setting」から行います
設定項目は

  1. 表示する項目/「選択肢」「名前」「メールアドレス」「自由入力欄」から必要なものを選択します
  2. 必須入力にする項目/「選択肢」「名前」「メールアドレス」「自由入力欄」から必要なものを選択します
  3. 選択肢/通報の内容をあらかじめ選択できるように設定できます
  4. ボタンのテキスト/フォームを表示するボタンの文字列を設定します
  5. 送信ボタンのテキスト/フォーム入力後の送信ボタンの文字列を設定します
  6. 色合い/フォームとボタンの色合いを設定します
  7. フォームの挿入方法/フォームを自動で挿入するか、テーマの編集で任意の場所に設置するかを選択します
  8. フォームの位置/自動挿入の場合「本文の前」か「本文の後ろ」を選択します
  9. フォームを表示する投稿タイプ/「投稿」「固定ページ」「投稿と固定ページ」「すべてのコンテンツ」から選択します。「すべてのコンテンツ」にするとカスタム投稿タイプも含まれます
  10. その他通知メールやレポート閲覧権限などの設定

※「登録ユーザーのみ」が使えるようにした場合(一般の閲覧者には非表示にする場合)、テスト環境ではその下のコンテンツと重複(重なったり、下のコンテンツと連結してしまってデザインが崩れる)して表示される現象が発生しました。ログアウトしてサイト閲覧しないと確認できない現象なので、設置したら一度ログアウトして一般の閲覧者としてサイトを確認するようにしてください。

【Report Content】プラグインの基本的な使い方

通報があるとメールで通知する設定を行っていれば通知が来ます。

レポートはダッシュボードの「Report Content」から確認できます。レポートから投稿を閲覧することもできます。

【Report Content】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

完全オリジナルの「通報機能」を実装するアイディア

ちょっと書きましたが、こういうプラグインのほとんどはフロントエンド投稿機能とカスタム投稿タイプを使ったものがほとんどです。つまりこの2つの機能の使い方が分かっていれば完全オリジナルの通報機能が実装できるようになります。

使用するプラグインは

Wordpressでは通常の投稿とは別に「投稿の集まり」を作るカスタム投稿タイプという機能があります。また、通常のカテゴリーとは別に「カテゴリーの集まり」を作るカスタムタクソノミーという機能があります。「Custom Post Type UI」は「カスタム投稿タイプ」や「カスタムタクソノミー」を簡単にいくつでも作成することができるプラグインです。
「WP User Frontend」は日本語化してしまえば使い方は一目瞭然なので、一度使ってみてほしいプラグインです。もう一度書きますが、入力項目を指定できる(通常の何でも入力できる本文なしでフォームの作成ができる)のはおそらくこのプラグインだけだと思います。

の2つ。前者はカスタム投稿タイプを作るためのプラグイン、後者はフロントエンド投稿を行うためのプラグインです。詳細な作り方は割愛しますが、これらを使うことでオリジナルの通報機能を実装できます。

ただ、【Report Content】のように投稿編集画面へ紐づいた通報を表示する機能はありませんから、テンプレートに通報したい投稿のIDやURLが自動挿入されるようにする必要はあるでしょう

特定の投稿タイプのみに表示する方法

このプラグインを使って「通報機能」を表示するコンテンツの選択肢は

  1. 投稿のみ
  2. 投稿と固定ページ
  3. すべての投稿タイプ

になっています。

サイトの作り方によっては特定のカスタム投稿タイプだけで表示したい場合があると思いますのでカスタマイズ方法を紹介します。なお、ソースそのものをカスタマイズするのでプラグインをアップデートしてしまうと元に戻りますから注意が必要です。

  1. 「プラグイン」→「編集」→「Report Content」を開きます
  2. 「report-content/report-content.php」を開きます(通常はこれが表示されています)
  3. 以下のソースを見つけます
  4. /**********************************************
     *
     * Automatically insert the report form in posts
     *
     ***********************************************/
    
    function wprc_add_report_button_filter($content)
    {
    	$integration_options = get_option('wprc_integration_settings');
    	if (($integration_options && $integration_options['integration_type'] == 'manually') ||
    		($integration_options['display_on'] == 'single_post' && !is_single()) ||
    		($integration_options['display_on'] == 'single_page' && !is_page()) ||
    		($integration_options['display_on'] == 'posts_pages' && !is_singular())
    	)
    		return $content;
  5. ソースの中のコードを変更します
  6. ($integration_options[’display_on’] == ‘posts_pages’ && !is_singular())
    という記述を
    ($integration_options[’display_on’] == ‘posts_pages’ && !is_singular(‘ここにカスタム投稿タイプのスラグ’))
    のように赤字の部分へ使用する投稿タイプを指定します

    複数の投稿タイプを指定する場合には
    ($integration_options[’display_on’] == ‘posts_pages’ && !is_singular(array( ‘ここにカスタム投稿タイプのスラグ’, ‘ここにカスタム投稿タイプのスラグ’ )))
    という風に変更します。
    ※必要なカスタム投稿タイプ分だけ「, ‘ここにカスタム投稿タイプのスラグ’」を追加します
    ※通常の投稿を含めたい場合には「, ‘ここにカスタム投稿タイプのスラグ’」の1つを「, ‘post’」にします

編集が完了したら、プラグインの設定で表示するコンテンツを「post&pages」にすれば完了です

何等かの不具合でエラーが起き、管理画面が真っ白になってしまったりすることもありますので、編集は自己責任でお願いします。もしも不具合が発生したらFTPを使ってプラグインを削除して強制的に停止させてから再度プラグインを新規インストールしてください。

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

  • 価   格:¥ 1,706
  • 販 売 者: Amazon.co.jp
  • 評   価:
  • 商品の概要:ASIN: 4295000795
    インプレス

本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

  • 価   格:¥ 1,685
  • 販 売 者: Amazon.co.jp
  • 評   価:
  • 商品の概要:ASIN: 4797395168
    SBクリエイティブ

はじめてのブログをワードプレスで作るための本

はじめてのブログをワードプレスで作るための本

  • 価   格:¥ 1,944
  • 販 売 者: Amazon.co.jp
  • 評   価:
  • 商品の概要:ASIN: 4798052817
    秀和システム

CS Shop
WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書【電子書籍】[ 中島真洋(著)ロクナナワークショップ(監修) ]

WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書【電子書籍】[ 中島真洋(著)ロクナナワークショップ(監修) ]

  • 価   格:3,002 円 (税込) 送料込
  • 販 売 者: 楽天Kobo電子書籍ストア
  • 評   価:
  • 商品の概要:【ご注意:本書は固定レイアウト型の電子書籍です。ビューア機能が制限されたり、環境により表示が異なる場合があります】Webデザイナー養成講座シリーズは,プロのデザイナーとして仕事をする上で,必須のスキルを身につけるためのシリーズです。本書では,WordPressをこれ..
ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門サイト制作から納品までのはじめの一歩【電子書籍】[ 秋元 英輔 ]

ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門サイト制作から納品までのはじめの一歩【電子書籍】[ 秋元 英輔 ]

  • 価   格:2,592 円 (税込) 送料込
  • 販 売 者: 楽天Kobo電子書籍ストア
  • 評   価:
  • 商品の概要:<p>ハイ・クオリティなビジネスサイトを作る</p> <p>※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</p> <p>プログラミングの知識..
WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座) [ 中島真洋著 ]

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座) [ 中島真洋著 ]

  • 価   格:3,002 円 (税込) 送料込
  • 販 売 者: 楽天ブックス
  • 評   価: 評価 5
  • 商品の概要:Webデザイナー養成講座 中島真洋著 ロクナナワークショップ監修 技術評論社WordPress シゴトノゲンバデサッ トツカエルデザインキョウカショ ナカシマ マサヒロ チョ ロクナナワークショップ カンシュウ 発行年月:2015年06月 ページ数:368p サイズ:単行本 ISBN:97847741..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございました。 内容の相違、導入後のトラブル、設定方法のお問い合わせなどはこちらのリンクからお願いします。
さまざまな情報をいただくことで、プラグインの紹介記事をより正確でよりわかりやすく、よりいろいろな方のお役に立てる情報にしていきたいと考えておりますので、ぜひともご協力をお願いいたします。
役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。

メニューを表示できません

ページ先頭へ