【WordPress】カスタム投稿タイプの投稿編集画面にAddquickTagのボタンなどが表示されないときは

カスタム投稿タイプを作っていざ新規投稿をと思って画面を開いたら、いつもの投稿編集画面にあるべきものがない!ということで解ってしまえばちょっとお間抜けな話なのですが、同じようなことになっている人がいたら助けになればと思い、備忘録的な記事を書きます。

私はWordpressで記事を書くときに、

  1. Add Quick Tag よく使うコードやレイアウトをボタン化
  2. Title Remover 記事や固定ページのタイトル除去
  3. Wp To Twitter 記事の公開時に自動ツイート
  4. Meta Manager メタデータの追加

を使っています。カスタム投稿タイプの詳細設定で本文やカテゴリー、抜粋などを表示するようにした後、作ったカスタム投稿タイプの新規投稿を追加画面を開いたら、上記の機能やフォームがなくなっていました。

しかも、Title RemoverとMeta Managerは問題なく表示されているのに、肝心のAdd Quick TagとWp To Twitterがない。困りました。

そういえばカスタム投稿タイプを作るために入れた「Custom Post Type UI」の詳細画面(右下のほうの画面)にサポートする機能の追加というのがあったなと思って、そこに追加すればと思いましたが、これらのプラグインのサポートはどうやったら認識されるのかが分からずいろいろと検索して、それでも見つからずあきらめようかとも思いました。

が、解決方法は全然違うところにありました。

それは・・・

こうした記事作成支援系のプラグインには

  1. 記事や固定ページ・カスタム投稿タイプなどすべてのコンテンツに表示するもの
  2. 表示/非表示をコンテンツによって切り替えられるもの

があるんです。

Title RemoverとMeta Managerは前者にあたり、Add Quick TagとWp To Twitterは後者にあたるプラグインです。

そして、Add Quick TagとWp To Twitterの設定画面にそれぞれ行ってみたら、ちゃんと設定したカスタム投稿タイプ名が追加されていて、そこにチェックを入れると・・・きちんと表示されました。

分かってしまうと何やってたんだろうという内容ですが、カスタム投稿タイプはまだ手探り状態なので、すっかりカスタム投稿タイプの内部的なものだと思い込んでいました。これで安心して投稿できそうです。

カスタム投稿タイプに興味のある方は

投稿というのは時系列でカテゴリーなどの分類ができる日記のようなものの集まりです。管理画面の「投稿」というメニューから作られた記事はデータとして「投稿」という集まりになって保存されています。カスタム投稿タイプはこの「投稿」というメニューを「投稿」以外に作ってしまおうという機能なのです。

プラグインについては

定型HTMLタグや定型文をボタン1つで挿入できる、Wordpressプラグイン「Add quick tag」は昔からある定番のプラグインですが、本当に便利でどんどんボタンを増やしたくなってしまうほどシンプルかつ高機能な無料追加プラグインなので、あえてご紹介
サイトの情報をソース上で表示して情報を与えるメタデータ。検索エンジンが検索順位を決定するためにこの値を参考にしているかどうかは不明ですが、不明なら一応登録しておいた方がいいだろうということで使うWordpressのプラグインが「Meta manager」です。
Wordpressで記事や固定ページを作っていて、「このページはタイトルを表示しない方が見やすい」ということありませんか?「Title Remover」は記事や固定ページで単純にタイトルを非表示にする機能を追加できるプラグインです。

を是非見てくださいね

トップへ戻る