WordPressでログインやログイン失敗の履歴を一覧で確認できるプラグイン「Crazy Bone」

公開日: セキュリティ
Knowledge Base Wordpress セキュリティ
Wordpressはポピュラーで無料のブログCMSツールなので、ログインURLのアドレスが簡単に推察されるため、無作為にユーザー名やパスワードを入力してサイトにログインできる状況を探るブルートフォースアタックの対象となる場合が多いですね。

かくいう私のサイトもこのプラグインを入れて経過観察したら知らない国からログインしようとした形跡がいっぱいありました。

幸いパスワードエラー(パスワード不一致)でログインされて何か・・・ということはありませんでしたが、やっぱり気持ちのいいものではないですね。

【Crazy Bone】プラグインの基本的な機能・できること

どこからログインしているかを知るWordpressプラグイン 「Crazy Bone」は、いつ、どこの国のどこのIPアドレスからログインしようとしたか、ログインしたかが分かるプラグインで、ログインの履歴を一覧で見ることができます。

インストールは簡単!!「Crazy Bone」で新規検索して導入するだけです。

普通にログイン後、管理画面右上にある「こんにちは ○○さん」へマウスを持って行くと、最終のログイン状況が表示され、そこをクリックするとログインした履歴、ログインに失敗した履歴などを時系列の一覧で見ることができます。

ログインしたことのない場所からのアクセスや、エラー項目に表示のあるものは、自分や共同でログインして作業する人以外からのアクセスの可能性が高いので、注意するとともに対策が必要です。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

WordPressでスパマーによる悪質なURL要求を水面下で防ぐセキュリティプラグイン「Block Bad Queries」

WordPressの掲示板「bbpress」を使う上で最低限行いたいスパム対策プラグイン「bbPress Antispam」

WordPressで2つ目のログインパスワードを作るセキュリティプラグイン「Stealth Login Page」


【Crazy Bone】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Crazy Bone】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Crazy Bone】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Crazy Bone】プラグインの基本的な使い方

ログインやログイン失敗の履歴はダッシュボードの上部管理バーの右上にある「こんにちは、〇〇さん」をマウスオーバーして表示される画面中の「最終ログイン・・・」というところをクリックすると一覧が出てきます。

ユーザーごとのログイン状況やログイン失敗状況、ユーザーとして登録のないものの情報なども見ることができます。

不正にログインしたりログインしようとした形跡があったらサーバー上または「wp ban」などのプラグインを使ってアクセス拒否すればOKです。

【Crazy Bone】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

まずは類推されるユーザー名をなくす工夫をしましょう

「Crazy Bone」はどこからアクセスしたのか、どんなログイン、またはログイン失敗があったのかが簡単に分かるプラグイン。実際に導入してみると、類推されやすいユーザー名による失敗が多くあることが分かります。

まずはWordpressのインストール時に自動で設定される「admin」というユーザー名。これで運用している人も多いと思います。前述したとおり、WordpressはすごくメジャーなCMSなのでこのユーザー名を残しておくことは大変危険です。すぐに別の管理ユーザーを登録して「admin」は削除しましょう。

それから、これはあまり知られていないようですが、Wordpressでは作者ごとの記事一覧(author archive)というのを作成する機能があり、自動で作者別の投稿履歴が表示できるので便利なのはいいのですが、実際に見てみると、アーカイブページのURLにユーザー名がバッチリ表示されているではありませんか!!これも当然対処が必要です。

とはいえソースをカスタマイズするには技量が必要なので、これもプラグインに頼るとすぐに対処できます

というプラグインです。

不正アクセスが見つかったときにアクセス拒否するためのプラグインを併用しましょう

このプラグインだけではログイン画面へのアクセス状況は確認できてもその後の対策ができないので、

というアクセス制限プラグインを併用して不正なアクセスを防止するようにしましょう。

ただし、アクセス制限をかける際には絶対に自分がアクセスしたIPアドレスなどは含まないようにしてくださいね。管理画面にアクセス不可能になりますから・・・。

自身の経験を踏まえ、Wp Banを使って自分がアクセス不可になってしまったときの対処方法を記事にしました。困ったときの参考にしていただければ幸いです。

以上、「Crazy Bone」があまりにも簡単なプラグインなので余談が多くなりました。「Crazy Bone」に関する情報については以下を確認ください。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

2,786 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社翔泳社発売日2019年06月ISBN9784798156514発売国日本サイズ・ページ303p 23×19cm関連キーワード 9784798156514 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

108 円 (税込)
エビスコム【著】販売会社/発売会社:ソシム発売年月日:2009/09/18JAN:9784883376735//付属品〜CD−ROM1枚付
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報