WordPressでアイキャッチ画像を設定していないコンテンツへランダムな画像を自動表示するプラグイン「WP Random Post Thumbnails」 | Knowledge Base

WordPressでアイキャッチ画像を設定していないコンテンツへランダムな画像を自動表示するプラグイン「WP Random Post Thumbnails」

最近のテーマではトップページやアーカイブ一覧の中でアイキャッチ画像を表示するものが主流になってきました。

見た目がよくなるのでいい機能なのですが、複数のユーザーで投稿するサイトやいつも同じアイキャッチ画像を設定しているサイトにとっては数クリックの作業でも煩わしいもの。

「WP Random Post Thumbnails」はアイキャッチ画像が使われるシーンでコンテンツにサムネイルが存在しない場合、あらかじめ設定しておいた複数の画像の中からランダムで表示してくれる便利なプラグインです。

【WP Random Post Thumbnails】プラグインの基本的な機能・できること

  1. アイキャッチ画像のないコンテンツをテーマの中でアイキャッチ画像付のように表示できる
  2. 設定しておいた複数の画像の中からアイキャッチ画像がない場合のみランダムで画像を表示
  3. すべてのコンテンツに共通のランダム画像を設定できる
  4. コンテンツのタイプ(投稿/固定ページ/カスタム投稿タイプなど)ごとに画像を設定可能
  5. タグ/カテゴリー/カスタムタクソノミーごとに画像を設定可能
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【WP Random Post Thumbnails】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

このプラグインは言語ファイルが存在するものの、ソースの中に言語を読み込むプログラムが書かれていません。コードを追加して適用することも可能ですが、それほど設定項目が複雑でないため、英語のままでも使えると思います。

【WP Random Post Thumbnails】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【WP Random Post Thumbnails】プラグインの基本的な使い方

「設定」→「Random Thumbnail」から行います。

  1. Global Options/全体の設定
  2. PostType Options/コンテンツタイプごとの設定
  3. Taxonomy Options/タグ・カテゴリー・カスタムタクソノミーごとの設定

の3つのタブがあり、それぞれに「Add Upload Files」という項目があるのでボタンをクリックして画像を設定していきます

画像は複数設定可能です。アイキャッチ画像が必要な表示画面(フロントエンド)でコンテンツにアイキャッチ画像がない場合はここで設定したものがランダムに呼び出されます。

コンテンツタイプごと、タクソノミーごとの設定がない場合には全体の設定で追加した画像が適用されます

使い方

設定を行えばあとは自動で処理してくれます。アイキャッチ画像を設定してあるコンテンツに関してはそのまま表示されます。

「Simplicity」テーマでテストしましたが、文末の関連記事についてもきちんと動作しました。ひょっとするとアイキャッチ画像を使用する他のプラグインでは正常に機能しないかもしれません。

【WP Random Post Thumbnails】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

自動的にアイキャッチ画像を設定できるフラグインに

「Wordpress Auto Featured Image」は記事や固定ページ、カスタム投稿タイプへの投稿時にあらかじめ設定しておいたアイキャッチ画像を自動で挿入してくれるプラグインです。

があります。また、アイキャッチ画像の設定を忘れないようにするためのプラグインに

「Require Featured Image」は投稿や固定ページでのアイキャッチ画像の登録を必須項目にし、設定していない場合には公開できないようにするプラグインです。

があり、どちらも投稿の中のアイキャッチ画像を必ず設定するためのものなのですが、「WP Random Post Thumbnails」は発想が逆で、
投稿の中にアイキャッチ画像の設定がなければプラグイン内に設定した画像をランダムで呼び出すという動作をします。複数の人で投稿するようなサイトでは、画像のアップロードはさせたいけどメディアファイルを見られるのは・・・というシーンがあると思いますので、何も設定しなくても自動で画像を抽出してくれるこのプラグインは重宝すると思います。

また、一度アイキャッチ画像を「投稿の一部」として保存してしまうと、

個人的にはとても重宝しているプラグインを紹介します。通常アイキャッチ画像の設定は「記事一覧」から対象の記事の「編集」を選択してアイキャッチ画像を選ぶという手順になり、これは画像を変更するときも同じです。「Easy Featured Images」はこの作業を記事一覧画面上で簡単に変えられるプラグインです。

のような投稿一覧で簡単に画像を変更できるプラグインを使ったとしても多くのコンテンツがある場合には面倒ですし、アイキャッチ画像に設定されている画像を削除した場合なと後からメンテナンスが大変になります。このプラグインを使えば必要なのは「WP Random Post Thumbnails」で使うアイキャッチ画像のみということになり、画像を削除しても影響を受けにくくなりますから自動にしたいけど面倒な作業はしたくないというサイトにぴったりのプラグインだと思います。

画像が少なく投稿も少ないテスト環境で動作させてみましたが特に表示が遅くなるということもありませんでした。アイキャッチ画像が必要となるのは主にアーカイブなど一覧として表示するときですから多くのコンテンツがあったとしてもさほど影響はないと思われます。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書(2) スマートフォン対応サイト編 /プライム・ストラテジー【著】 【中..

【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書(2) スマートフォン対応サイト編 /プライム・ストラテジー【著】 【中..

498 円 (税込)
プライム・ストラテジー【著】販売会社/発売会社:ソフトバンククリエイティブ発売年月日:2013/08/29JAN:9784797370966
世界一わかりやすい WordPress 導入とサイト制作の教科書【電子書籍】[ 安藤篤史 ]

世界一わかりやすい WordPress 導入とサイト制作の教科書【電子書籍】[ 安藤篤史 ]

2,570 円 (税込) 送料込
【ご注意:本書は固定レイアウト型の電子書籍です。ビューア機能が制限されたり、環境により表示が異なる場合があります。】WordPressは世界の主要なウェブサイトの28%(CMSサイトの59%)で利用されているCMSのデファクトスタンダード(2017年4月現在W3Techs調べ)。これか..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー
トップへ戻る